魚の焼き時間 は?フライパンでホッケ・みりん干し焼ける?

フライパンで鮭やほっけ、

を焼くことは可能?

どの位焼いたらいいの?

みりん干しも焼ける?

やっぱりグリルで焼く方が早い?

フライパンで焼くのなら洗うのも

あと片づけも楽です

簡単に美味しく、焼く方法や

コツを紹介します

みりん干しと普通の魚を美味しく

焼くコツもお伝え!

スポンサーリンク
  

魚の焼き時間!フライパンで焼く

フライパンで焼く場合、頭を落とした方が焼きやすい

フライパンで魚を焼く

❶魚の皮に油を塗る

→皮に油を塗る事によって水分がなくなった時にパリッとする

※まだ火はつけない

❷魚の皮面を下にしてピッタっと置く

※まだ火はつけない

❸コンロで一番弱火にして皮目の面をじっくりと焼く。魚の皮面が固まるまで

 は、ひたすら弱火。この時ジュージューと音がする

❹パチパチと音がしてきたら、中火で皮をこんがり焼く。皮面を先に中火で5

 ~6分焼く。焼き具合は、キツネ色程度

お好みの皮の焼き具合になったら、強火にして魚をひっくり返す。ジュージ

 ュー音がして3~4分で焼き色が付いたらパチパチと音が変わる。すぐ火を

 止め、厚さによって1~3分ほど休ませる

グリルで焼いた物と比べ、焦げがつき見た目にも美味しそう。焦げは香ばし、

 くアクセントになります。

肉厚に切ってある切り身など火が通るのに時間がかかるものは、焼いている

 間にパサパサになりことがある。時間短縮やパサつきを防ぐ為、フライパン

 にフタをしましょう!時間短縮にもなる

魚の焼き時間ホッケ

※ホッケが、フライパンに入らない場合は包丁で入る大きさに切る

❶ホッケの皮に薄く油を塗る。フライパンに酒とみりんを少量入れる

❷ ホッケの皮面を下にしてピッタっと置く ふたをして弱火で皮のほうから焼く

❸ コンロで一番弱火にして皮目の面をじっくりと焼く。魚の皮面が固まるまで

 は、ひたすら弱火。この時ジュージューと音がする

❹パチパチと音がしてきたら、中火で皮をこんがり焼く。皮面を先に中火で5

 ~6分焼く。ほっけは分厚いので身を少しほじってみる

❺火が通ったら裏返して皮を焼く。ジュージュー音がして3~4分で焼き色が

スポンサーリンク

 付いたらパチパチと音が変わる。すぐ火を止め、厚さによって1~3分ほど

 休ませる

・ほっけがこんがりと焼きあがったらできあがり! 皮はパリパリでジューシー!

 ホッケは皮は厚くていつも食べないですが、この焼き方は皮までおいしく食べ

 れます

魚の焼き時間みりん干しコツ

みりん干しの焼き方

❶焼く1時間前に出しておくと、魚の温度が上がり、焼き時間が短くなる

❷フライパンにクッキングシートかアルミホイルをグシャっとさせておく

 (余分な脂がミゾに落ちる)

❸身の面を下にして中火で8分ほど焼く(魚の9割火を通す)

❹表面が乾いて、身がフワっと膨らめば(ホイルなどを取ってところに)ひ

っくり返して1~2分焼く

魚を焼くコツやPOINT

・みりん干しの魚の皮はとにかく焦げやすいので、できるだけ短い時間で焼く

 のがポイント

・みりん干しに限らず、干物は短時間で焼くのがよい。 時間をかけ過ぎると、

 身が固くなります

・一夜干しを焼くなら強火が一番ですが、みりん干しはいつもより弱い火加減

 で焼くのがオススメ

・下準備として、解凍状態で焼くのはモチロン、焼く1時間くらい前から外に

 だしておいて、魚の温度を常温近づけると焼き時間も短くなる

・皮を焼いたあとに身を焼くときは中火で! 弱火で長く焼きすぎるとうま味

 逃げ出し、強火で焼くと表面が焦げて生焼けになる

・ふっくらとした焼き魚には、ふたをして焼く。切り身1~2枚であれば6分でも

 火は通る

・見た目で判断するのが簡単ですが、音でも判断できます。この音の感じを覚え

 ておくとすべての焼き器で上手に焼ける

・焼いている時の音にも注意してみて下さい。ジュージューパチパチが激しくな

 ったらひっくり返す頃です。音がなくなりると焼きすぎで身はパサパサになり

 ます

・ひっくり返した時点で8割火が通っているので、身の面は仕上げ的なイメージ

 で焼く。音を目安にするのが確実

・煙を出さないで魚を焼くコツはオーブンペーパーやクッキングシート・ホイル

を使うと良い

・魚は、できるだけ身が厚く色がくすんでいない、そしてドリップ(パックの中

にたまった水)が少ないものを選ぶと良い

まとめ

魚(鮭やホッケ)の焼き時間は皮の面から3分~4分しっかり焼く。身の面は中火で

5分~6分が目安。皮面をしっかり焼いた分だけ短めに焼く。みりん干しは、皮

から焼かず身から焼く。みりん干しの魚の皮は焦げやすいので、できるだけ短い

時間で焼くのがポイント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。