葬儀に黒真珠と白真珠どっち?色に年齢ってある?どれが正解

葬儀で黒真珠と白真珠どちらが正解?

真珠ネックレスを着けないのは非常識?

グレーのパールネックレスをしてもいい?

イミテーションだとダメかな?

そもそもお葬式に真珠のネックレス

着けるのがマナーという人と

着けないのがマナーという人と

分かれてるけど何故?

外国ではマナーとなってる?

そんな疑問を紹介しています

スポンサーリンク
  

葬儀で黒真珠と白真珠どちらが多いの?

お葬式でのアクセサリーのマナー

光沢のある物を身につけないようにすることが基本。不幸の席で、祝い事では

ない為、アクセサリーは結婚指輪程度にするのが良いのですが、地域などにによ

っても違いがあるようです。マナーとして、絶対的基準はないため意見が分かれ

ている現状があります。パールのネックレスを身に着ける場合2連の物は重なる

ことを嫌う弔事では厳禁(不幸が重なるという意味)ですので1連の物にします。

濃いメークやカラフルなネイルなどもタブー。髪は黒いゴムやピンなどでシンプ

ルにまとめて清楚にすると良い

昔と葬儀でのアクセサリーについてのマナー違う?

1960年代までは真珠のネックレスを葬儀につけていくことは、非常識や不

謹慎なことでした。TVのワイドショーで芸能人がカメラを気にして着け

始めたのを、真珠業界側が 「哀しみの宝石」「人魚の涙」などと宣伝に

利用した。このことが、きっかけとなり真珠をして葬儀に行くことがマナ

ーのようになった。パールジュエリーは日本では最も定番的に「売れるジ

ュエリー」です。売り手も、今はこれを付けていくのが常識と言ってにセ

ールストークをします。付ける人も多く需要もあるので段々と真珠を付け

る方がマナーに近くなりつつある

なぜ黒真珠?

本来は白真珠が主流でしたが、葬式は黒のイメージが強く、結婚式には白

のイメージからお葬式に白の真珠はよくないのではという誤解もあり、黒

が多くなったと言われている

黒真珠とは

黒真珠とひとくくりに言っても、あこや真珠のグレー系やグリーン系タヒチ黒

真珠(黒蝶貝)くろちょうがいから生まれる真珠などがあり黒い真珠の総称

葬儀の場には白真珠・黒真珠どっちがおおい?

お葬式と法事に何回も出席していますが、まだまだ、みなさん白真珠の方が多い

黒真珠は30代後半から、されているのを多くみました

葬儀で黒真珠?色は何でもいい?

真珠は常識?着けないのは非常識?

「光るもの、華やかなものをつけていかない」のがマナーですので、パールのネ
ックレスをつけていく必要はないのですが、昔とマナー変わってきているので非

スポンサーリンク

常識ではありません。東京での葬儀に参列すると、付けている人といない人の割
合は半々か、付けていない人の方が多かったりします。つけている人もいるので

すから、持っているなら安心してつけて行きましょう。非常識にはならないです
。また、パ-ル常識派の親族が多い時は他の親族の手前もあるので必ずつけてい

くと良いでしょう

葬式や法事でグレーのパールネックレスをしてもいい?

本来は白真珠が正式です最近は黒真珠の方も増えてきましたが、黒に近いグレ
ーなら問題ないです。ただ、緑やかなり明るいグレーは避けた方が良い

ピンクグリーンパールネックレス淡水パール

年齢にかかわらずピンクグリーンなどは、白パール以外は弔事に、ふさわしく
ない。花球も冠婚葬祭に付けてもOKですが、大きな花球だと特にピンクが強

くて派手な印象を与え不向き。本真珠のホワイトパールの方が良い

花珠(はなだま)とは

日本国内で生産(養殖)される真珠(アコヤガイによる)の内、特に品質が良
く、非常に出現率の低い、貴重で非常にきれいな真珠のこと

淡水パールやフェイク

淡水パールはあくまでもカジュアルなものなので、見た目に「淡水」とわかる
ものは辞めましょう。アコヤが冠婚葬祭用とされています。見た目に分からな
いならフェイクや貝パールでも良いでしょう

葬儀で黒真珠をする年齢

若い人だと黒真珠ってダメ?

昔も今も本真珠のブラックパール黒真珠はとても高価で、なかなか手の出るも

のではありません。高価であるため年齢を重ねた大人の女性が付ける上品なイ

メージがいつしか定着しました。黒真珠をしている女性の多くが、購入できる

年齢40代以降の方に多くなったのです。最近は人工真珠(いわゆるイミテーシ

ョン)などの安いものが出回っているのでブラックやグレーを付ける人が増え

ました

黒いアクセサリーは海外では正式?

ヨーロッパでは喪のアクセサリーとしてはジェットが正式だとされています。
イギリスのヴィクトリア女王が、夫であったアルバート公の喪に服した折、服

喪用ジュエリーとして用いたことで有名となった。女王と話すことが出来た女
性に対し、ジェットを身につけることを奨励したため、イギリス貴族女性の間

で大流行した。他には黒オキニスも使われますが、どちらも日本では葬儀では
見かけない

ジェットとは

黒玉は、こくぎょくと読む。ジェットは、水中で長い年月を経て化石化した樹
木によってできている。ですが琥珀のような樹脂ではなく、樹木の幹そのもの

の化石である。宝石として扱われ、非常に軟らかく、軽い。独特の柔らかい光
沢を持つ。乾燥するとヒビ割れができることがあることや、火が付けば燃焼す

るなど保管には注意が必要

まとめ

お葬式でのアクセサリーのマナーは、光沢のある物を身につけないようにする
ことが基本ですが近年真珠パールネックレスされる方は多い。ですから、葬儀

に付けていかないことは非常識ではありません。黒真珠は、高額であることか
ら年配の方がされることが多い。お葬式では真珠の白いパールネックレスが一

般的に多い。真心を込めてお見送りしたいと思う気持ちなので、質素な装いで
あれば問題ないでしょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。