10月の誕生石は、オパールとトルマリンのどっちがいいの?


誕生日石ってあるのを知っていましたか?

国の代表的な花や鳥と同じように

月によって誕生石もあるのです。

10月にも2つあります

10月の誕生石ってオパール

とトルマリンどっち?

オパールとトルマリン

の意味や効果・魅力や特徴

などを紹介しています。

スポンサーリンク
  

10月の誕生石にオパールの意味や効果

10月の誕生石Birthstonesオパールの石の意味

オパールは石の中でも特に明るいエネルギーを持つ幸運の石と言われています

。若さやみずみずしさを保つ石と言われ、持ち主の内面に眠る才能を引き出す

ことに優れる。またオパールの持つ独特の色彩を放つ光は自由なエネルギーを

象徴します。美に関しての職業や創造が必要なものに関わることを、される方

には最適なストーン。新しい価値観を呼び込む為の助けとなります。

10月の誕生石Birthstonesオパールの魅力や特徴

宝石質のオパールと比べると安価ではありますが、産出の減少により年々価格

が上がって貴重な石となっている。他の石にはない虹色の美しい遊色効果があ

る。遊色効果(英名:プレイ・オブ・カラー)とは、宝石などが見る角度や、

光によって色の見え方が大きく変わる宝石などが虹のような多色の色彩を示す

現象があること。琥珀色、虹色の光を放つものもあり、その自然の輝きに手放

したくない魅力がある(一部メキシコオパールには遊色効果がないものあり)

このことから一つとして同じものがない世界に一つだけのジュエリーとなりま

10月の誕生石Birthstonesオパールオの種類

・メキシコで採れるメキシコオパールのなかに

 ファイヤーオパール・ウォーターオパール

・オーストラリアで採れる

 ライトオパール・ブラックオパール・ボルダーオパールなどあり

10月の誕生石Birthstonesオパールのヒーリング期待効果

・ゆううつな気分を飛ばす・身体を元気にする・創造性を高める・秘めた才能

 を引き出す・人生に喜びをもたらす・幸運を呼び込む・視野、価値観を広げ

 る・自由の象徴

10月の誕生石Birthstonesオパールの扱い

 水分が多く、硬度も非常に柔らかい石。浄化では、変質の恐れがあるため、

 長時間の太陽光にあてることは、避けましょう

10月の誕生石トルマリンの意味や効果

10月の誕生石Birthstonesピンクトルマリン石の意味

トルマリンは静電気を発し、埃を寄せ付ける性質から物を引き寄せるという

スポンサーリンク

パワーがあると言われ、古くより電気を発する不思議な石、大自然のエネル

ギーをもつ石として神聖な儀式や治療などに用いられてきました。中でも愛

情を引き寄せると言われ、人生を愛で満たす石、ともされています。心身を

浄化し、心の安定を招いてくれるため、持ち主をストレスなく穏やかな心に

導くようです

10月の誕生日石Birthstonesピンクトルマリン石の魅力や特徴

ブラジルやアメリカで産出されており、流通価格は石のランクによって大き

く異なる。トルマリン石は、どの色も透明度が高くなるほど、淡いピンクよ

りも濃いピンクの方が高価で流通高値にて取引が行われている。ガラス質の

清らかで美しい光沢をもっています。単色であることから組み合わせを楽し

めます。赤やオレンジを組み合わせて持つと、忍耐力と再生力に良いとされ

ますので、トルマリン石を1つずつ増やすと良いでしょう

10月の誕生石Birthstonesピンクトルマリンのヒーリング期待効果

周囲にも高い効果を発揮

意思が強くなる

心の傷を癒す

愛に満ちた表現方法を知る

思いやりの心を持つ

10月の誕生石Birthstonesピンクトルマリンの扱い

高温で色が変化することがありますが扱いやすい石で使用後は乾拭きして保

管しましょう

10月の誕生石はどっちがいい?

ピンクトルマリンもオパールも10月の誕生石Birthstonesですので、意味や効果

で選ぶことも良いでしょう。デザインで選ぶのも良いでしょう。決まりはない

ので、女性にとって石を選ぶ楽しみをいくつも持てるので毎年増やしていくの

も良いですね。また、365日の誕生石もあれば、星座の石もあります。最近の

流行は、オパールにあるようです。好みもありますが、色の多様性からピンク

がかったものや白っぽいもの、グリーン系など虹のような多色の色彩が、楽し

ませてくれます。貴金属メーカーでは4℃アガットなどが若い女性にも人気

店ですので流行のデザインを見に行くと良いです

まとめ

10月の誕生石Birthstonesオパールは石の中でも特に明るいエネルギーを持つ幸運

の石。オパールの扱い水分が多く、硬度も非常に柔らかい石。浄化では、変質の恐

れがあるため、長時間の太陽光にあてることは、避けましょうピンクトルマリンは

愛情を引き寄せると言われ、人生を愛で満たす石、ともされている。扱いは高温で

色が変化することがありますが扱いやすい石で使用後は乾拭きして保管しましょう

どちらも10月の誕生石です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。