ベルギーチョコレートが、なぜ有名?理由やメーカーの紹介

ベルギー人のチョコレート好きは

日本人とは比較にならない程だそう.

その種類もショップオリジナルが

あったりするので凄い数が

あるそうです。

そんなベルギーチョコレートが

有名な理由や、王室御用達ベルギーの

チョコレートメーカーなどを紹介します

スポンサーリンク
  

ベルギー のチョコレートなぜ有名

原料のカカオが取れるわけでもないし、お菓子の伝統がある国は他にも
たくさんあるのに、なぜベルギーのチョコレートは有名なのでしょう。

日本では35%以上からがチョコレートと認めていますが、
ヨーロッパのチョコレート論争でもベルギーは終始「認めない」と言ったそう。

ベルギーでは、値段が安くて品質が悪いものを排除するために、チョコレートを
名乗ることができる厳しい基準を厳格に定めた。

これがベルギー のチョコレートが有名な理由。カカオ100%のチョコレート
以外はチョコレートとは主張して認めず、

他国に多かった植物油脂入りのものは認めませんでした。(チョコレート菓子の扱い)

これは、EUができる時も、大きくもめ、これが理由でベルギーはEUを脱退する
という騒ぎになったほどです。それほどベルギーの人達はチョコレートに対する、
プライドも高く目が厳しい。

結局EUは植物油を5%未満の物ならチョコレートと認めていますが、
ベルギー人は未だに100%カカオバター以外はチョコレートと認め
ていません。

そういう歴史と、歴史に培われた伝統や、品質、技術、プライドが
ベルギーチョコレートのおいしさを支えています。

ベルギーはチョコレートの歴史の中でも革新的な働きをした国

ベルギーはプラリネ(ナッツから出来たペースト状のものが中に入っ
たチョコ)を20世紀前半に初めて作られ生み出したという、

チョコレートの歴史の中でもプラリネは、革新的な働きをした国。
見た目がまるで宝石のようでもあり、

世界中で愛されている。チョレート製造の発展に大きく貢献することと
なりました。その生みの親がチョコレートの老舗ブランド

ノイハウスの3代目を継いだジャンでした。更に3年後、今度は
ジャンの妻が繊細なプラリネを運ぶための小箱バロタンを発明

プラリネとバロタンは既存のチョコレートの製法や包装の仕方に大きな
影響を与え、ともに世界中へ広まりました。

地元ベルギーのインターネット投票の1位はレオニダス。
高品質でありながらも、

スポンサーリンク

比較的安価で気軽に買うことができるため、
地元民に愛されているようです。

あなたにおすすめはコチラ
     ↓↓
レオニダス チョコレート 値段は安い?高い?1粒いくら?

ベルギー チョコレートおいしい 理由

ベルギーチョコレートは、原料カカオを15~18ミクロンと極めて細かく
粉砕しており繊細な作りをして造られている。

ベルギーチョコレートは、他国と比べ高いカカオ含有量を誇る。
ベルギーでは、チョコレート作りに用いられる油脂はカカオバター

のみだけを使用。

ベルギーでは長いチョコレート作りの当初から、厳選されたカカオ豆で、
最高品質のカカオ豆が使われています。

ベルギーチョコレートの多様性Callebaut(カレボー)や
Belcolade(ベルコラーデ)のような大手原料チョコレートメーカーに

始まり、Godiva(ゴディバ)やLeonidas(レオニダス)のように、
知名度の高い中堅企業、そしてチョコレートやプラリネを作る

数多くの職人たちが、ベルギーチョコレートの名声を広めている

せっかく買ったチョコレートを、正しい方法で保管してくださいね。
宜しければどうぞ。
     ↓↓
チョコレートの保存は、冷蔵庫か常温か冷凍どれが正解?

ベルギー チョコレートメーカー

チョコレート大国ベルギーでは、数多くの有名店があります。
ベルギーには、王室御用達のチョコレートブランド、

Godiva(ゴディバ)
Galler(ガレー)
Cote d’Orコート・ドール
Marry(マリー)
Neuhaus(ノイハウス)
ヴィッタメール
Leonidas(レオニダス)
PIERRE MARCOLINI(ピエール マルコリーニ)
がありますが、

他には、コルネドール、デプラポールなどがあります。
どれもベルギーが拠点のショコラティエです

多くの有名店の中でも、「National Geographic」のThe 10 Best
Chocolatiers in the Worldでは、ゴディバがランクイン

高級チョコレートの代名詞であるゴディバは、やはり世界中で愛されているようです

レオニダス チョコレート 1粒いくら?詰め合わせや、種類

、ベルギーチョコレートなぜ有名?など紹介しています。

参考によろしければどうぞ。
     ↓↓
レオニダスチョコレート特集

まとめ

・ベルギーでは、値段が安くて品質が悪いものを排除するために、チョコレートを
 名乗ることができる厳しい基準を厳格に定めた。
・ベルギー人は未だに100%カカオバター以外はチョコレートと認め
 ていません。
・歴史と、歴史に培われた伝統や、品質、技術、プライドが
 ベルギーチョコレートのおいしさを支えています。
・ベルギーの有名なチョコレート店(メーカー)
 ・Godiva(ゴディバ)、Galler(ガレー)、Cote d’Orコート・ドール
 ・Marry(マリー)、Neuhaus(ノイハウス)、Wittamer(ヴィッタメール
 ・Leonidas(レオニダス)、PIERRE MARCOLINI(ピエール マルコリーニ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。