食パンの冷凍方法は、ラップよりアルミホイル!解凍の裏技は


食パンって冷凍しているけど、

食べる時になると何故かパサパサする。

このパサパサする原因や解決する保存方法の紹介。

食パンの冷凍保存に、ラップで包む時代は終わりです。

この方法で、冷凍した後もフワフワモチモチパンを

召し上がってみて下さいね

スポンサーリンク

食パン冷凍方法ラップ

パンがパサパサになる原因

パンは買ってきた日と、翌日ぐらいまではおいしく食べられます。
でも日がたつにつれてパサついて何だか、まずくなります。

買ってきた日のように、いつまでも
しっとり美味しく焼きたてパンのように

いつまでも美味しく食べれないかな?
そもそも何でパサつくの?

これは、小麦粉の成分が原因で、一度しっとりとしたパンが再結晶することが原因。
小麦粉の主成分がパンを作る過程で水を加えられてモッチモチになったパンは

時間が経つと再結晶しだすので、パンがパサパサして美味しくなくなる。

まだラップだけで冷凍しているの?

ラップだけで冷凍してしまうと、時間が経つとパサパサになりませんか?

一枚ずつラップでパンを、包んでジップロックに入れたら割りと持つので
私もずっとこの方法でした。

でも、この場合はカビは生えませんが風味が、落ちてしまいます。
パンは臭いを吸収しやすいので、しっかり密閉しないと

冷凍庫の臭いを吸収したパンができてしまいます。

そこで、

冷凍食パンをふっくらもちもちさせる裏技を紹介!

アルミホイルを使うことで余った食パンの風味を維持して
臭い移りを、させない!

時間経っても美味しく食パンを食べることができるんです。

食パンの冷凍方法、アルミホイルの使用

ふっくらモチモチ冷凍食パン

冷凍した食パンを1週間たっても、ふっくらモチモチで

食べられる得技を紹介!

その方法は、大変簡単で

余った食パンをアルミホイルに包んで冷凍するだけ!
これで美味しく食パンを保存することができます

そのまま凍らせると食べる時に、
食感がパサパサしてしまいますが

この裏技でパサパサ食パンを食べずにすみます!

冷凍食パンアルミホイルの包み方

アルミホイルが密着するよう食パンを丁寧に包む。

急速冷凍させるため隙間なくしっかりと食パンを包む。

その際アルミホイルは食パンの2倍近く用意して、

スポンサーリンク

1枚づつ包みこむ。
ぴったり包むことで空気を遮断。ふっくらモチモチを維持する。

②冷凍庫で凍らせる

なぜラップで包んだパンを凍らせるとパサパサになるのか

食パンを普通にそのまま凍らせるとパサパサで
美味しさをキープすることができなくなってしまいます。

この原因として、冷凍庫の中は乾燥している。
パンの冷凍保存の際は、ラップでは水分がどうしても抜けてしまう。

また、水分が抜けやすい状態なので食パンが凍っていく過程で
ふわもち食感のもとである「でんぷん」が壊れることでパサパサになる

なぜアルミホイルで包むだけで美味しく冷凍できるの?

食パンをアルミホイルで包んで冷凍すれば、
でんぷんがゆっくり冷やされる過程で壊れていき

アルミホイルの力で急速に冷やせば
でんぷんが壊れる前に冷凍することが可能となる。

アルミホイルは熱電導が圧倒的に早いため
急速冷凍することができるのです。

アルミホイルで隙間なく綺麗にパンを包んだ場合、
水分も空気も通しにくいアルミホイルなら、

パンから抜ける水分を抑え、
同時に乾燥した空気からも守ることが出来る。

私は、通常のパンには、アルミホイルとジップロックですが
高級パンにはアルミホイル+ラップ+ジップロックの3重構造しています。

ちなみに、パン以外の食品も同様のことがいえるので、
「アルミホイルで包んで冷凍保存」

は意外に有効なアルミホイルの使い方として有名なんですよ。

食パンを購入したけど、なかなか食べ切るのが難しい時など
、アルミホイルでしっかり包んで冷凍するだけで

鮮度が保たれふっくらもちもち食パンが、いつでも食べられる!
日にちが経っても食パンを美味しくいただくことができます

これで食パンを沢山買ったり、パンが食べきれずに余っても平気~

食パン冷凍方法と解凍方法とは

パンを解凍するには自然解凍か冷凍したままトースターへ
そのままアルミホイルで包んだ状態のままの食パンを、

トースターで焼くこともできる。冷凍したパンは、
食べたい日の前日に常温に出して自然

その後、トースターで温めて食べるととても美味しく食べることができます。
解凍したパンはトースターで温めなくても解凍できれいれば、
そのままでも十分美味しく食べられるので、

水分が逃げないので食パンがよりモチモチになり
焼きたての様な仕上がりとなります

食パンなどは、解凍せずに、そのままトースターで焼いても
美味しく食べることができます。

トースターで焼く時間は少しかかるが、解凍しないで焼くのもOK。
外はカリッと中はふんわり仕上がります。

冷凍したパンは、2か月くらいまでに消費した方が美味しいですよ。
アルミホイルでの包み方法は、面倒だが食パンを、

2ヵ月余裕でパサパサにはならないで、たべれるようになるのだから

安心しておまかせしています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    すいません。
    こちらの記事、読ませて頂きました。
    美味しくパンを、食べること、良いと思います!
    それと、少し環境の事を、考えてみて下さい。
    プラスティックフリー
    考えて頂けたら、幸いです。