箕面の滝へ行こう。バイク駐輪場の料金とアクセスの紹介。


箕面の滝って、紅葉シーズンには駐車場がどこも満車になります。

そこで、バイクで行くのはホント渋滞にも巻き込まれず

最高ですよね。

箕面の滝を楽しんでいる間は、安全な場所にバイクを駐車して

大自然を満喫しましょう!

箕面の滝へ、行くためには山の上にある

大日駐車場が箕面の滝に1番近くて便利なのですが、

ここにはバイクを停めれないのです。

ですから、箕面の滝近くにある有料駐車場を2か所紹介します。

スポンサーリンク

箕面の滝、バイク、駐輪場

箕面の滝へ、行くためには山の上にある
大日駐車場が箕面の滝に1番近くて便利なのですが、

この山に登る道では、二輪車は通行禁止なんです。

ですから、阪急箕面駅から登っていく箕面の滝道約2.8キロを

徒歩で歩く滝道を歩くことになります。

2輪車は、箕面の山に登れないの?

二輪車は終日通行禁止(府道4号)

大阪府箕面市の府道4号(茨木能勢線)と府道43号(豊中亀岡線)の一部区間は、1992年から二輪車の通行が終日禁止とされています。

沿道には、箕面大滝、箕面公園、勝尾寺などの観光スポットが沢山あって紅葉シーズンには、国道171号線が混雑するほどの人気スポット!

大阪府警は、この路線は大型トラックの通行が多く、二輪車の安全確保およびローリング族対策のため規制している。

二輪車ではアクセスすることができない。 ローリング族とは、峠道などのカーブでバイクの車体を倒し、速さを追求する集団のこと。

この道路は、箕面市から亀岡市あるいは茨木市北部に通じるため、大型トラックなどの交通量はすごく多いのです。

二輪車との接触事故も心配されるが、規制開始から20年が過ぎており、
かなりのロードバイクが実際に走っています。

正直最近は、ロードバイク危ないなーって感じています。

箕面の滝、バイクで駐車料金

名称:箕面駅前第一駐車場・駐輪場

自動二輪車 0時00分~24時00分:1日 300円

箕面駅前第一駐車場・駐輪場

リニューアル後の駐輪場・駐車場は年中無休の24時間営業になり、施設1階に飲み物を飲みながら店内の本を自由に読めるブックカフェを併設。

自転車・バイクの駐輪場をすべて1階に配置したほか、箕面駅まで雨に濡れずにアクセスできるように、駐車場の2階とみのおサンプラザ1号館を連絡通路でつなぎ、これまで以上に利用しやすくなっている。

営業時間を延長し、年中無休の24時間営業。
自転車・原付バイクの駐輪場はすべて1階に配置し、利用しやすくなっている。

建物はバリアフリー化、エレベーターや多目的トイレを設置。
事前精算機を設置し、出庫をスムーズ。

入庫車待機スペースを設け、観光シーズンなどの周辺道路の混雑を緩和。
レンタサイクル、カーシェアリングを新たに導入。

さすが大型の箕面駐車場・駐輪場ですね~。
昔の姿からは考えられない立派なものです!

この駐輪場にバイクを置いておいて、大江戸物語のランチバイキングに
行ってみてはいかかがですか↓↓
箕面のランチバイキングが人気!おすすめの店とアクセス方法

箕面駅前第一駐車場・駐輪場施設の概要

地域の活性化策として、施設1階に飲み物を飲みながら店内の本を自由に読めるブックカフェを併設します。店内には、フィンランドで集められた北欧ビンテージ家具を設置しており、店内でゆっくりくつろげるほか、飲み物のテイクアウトもできる。

<施設概要>
名称:箕面駅前第一駐車場・駐輪場

住所:箕面市箕面6丁目4-17
構造
地上4階+屋上階
駐車場、駐輪場、商業施設が一体となった複合施設となり、1階に駐輪場・自動二輪駐車場を、2階以上に自動車駐車場を配置します。
延床面積:11,148平方メートル
(内商業施設151平方メートル)

営業時間
24時間営業

収容台数
駐輪場:自転車744台、原付バイク:120台
駐車場:自動車285台、自動二輪:27台

バイクを置いたら滝へ行って足湯も↓↓楽しんで下さい。
    箕面の滝の足湯・ゆずるともみじ。行き方と、損しない方法

スポンサーリンク

箕面の滝、バイク、アクセス

国道171号線の牧落の交差点を、
緑の山(箕面の山)が見える方向43号線に走ります。

右にマクドナルドが見え、どんどん真っすぐ走っていくと
箕面の山が近くなってきます。

左に大きなガラス張りの郵便局が見えてきたら、もうすぐですよ。
この大きな駐車場を左折して入りましょう。

入ってすぐ左が自動二輪車の駐輪場
     ↓↓

この正面にあるのが原付バイクの駐輪場となります。
     ↓↓

箕面の滝に近い駐輪場として、1日300円ですからホントオトク。
ここからは、滝に行く道は

まず阪急箕面駅へ歩いて3・4分です。
駅から滝道には、真っすぐ歩くだけですので

駅から見えますよ。
箕面の滝を楽しむためにも
大切なバイクは、箕面駅前第一駐車場・駐輪場へ預けましょう。

サイクルベース箕面駅前24時間駐輪場

駐輪場が新しく出来ています。
箕面駅ターミナルにある池田泉州銀行の裏で、
箕面駅前第1駐車場の裏になります。自転車100円・バイク200円安い!

サイクルベース箕面駅前24時間駐輪場↓↓

箕面の滝について、猿、紅葉、足湯、有料・無料駐車場

また、自転車やバイクなら無料と有料の駐車場。

昔に動物園があったことや、滝がポンプでくみ上げられている

噂について、などなど写真付きで紹介しています。
     ↓↓
箕面の滝 特集

まとめ

・箕面の山に登る道では、二輪車は通行禁止
・大型トラックの通行が多く、
 二輪車の安全確保およびローリング族対策のため規制
・箕面駅前第一駐車場・駐輪場:自動二輪車 1日 300円
・サイクルベース箕面駅前24時間駐輪場:自転車100円・バイク200円 
・施設1階に飲み物を飲みながら店内の本を読めるブックカフェあり
・国道171号線の牧落の交差点を、43号線(箕面の山側)に走ると
 箕面5丁目の交差点を過ぎたらすぐ左に箕面駅前第一駐車場・駐輪場あり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。