箕面の滝 駐輪場バイクと自転車の無料はここ。地元の行き方

箕面の滝へいくために、

バイクや自転車で行くときは

駐輪場ってあるの?

どこに停める?

有料は知っているけど

無料の駐輪場ってあるのかな。

一の橋の無料駐輪場に行くために

裏道があるのを知っていますか?

そんな地元の人しか知らない道を

教えますよ。

スポンサーリンク

箕面の滝、駐輪場バイク用はないの?

二輪車の通行が終日禁止

なんで箕面の滝に駐輪場バイク用がないのかというと、
箕面の滝を山側から行きたくても行けないのです。

理由は、

箕面の滝に行くためにある道は、大阪府箕面市の府道4号
(茨木能勢線)と府道43号(豊中亀岡線)の一部区間は、

1992年から二輪車の通行が終日禁止となっているため。
沿道には、箕面大滝、箕面公園、勝尾寺などの

観光スポットが沢山あって紅葉シーズンには、
国道171号線が混雑するほどの人気スポット!

大阪府警は、この路線は大型トラックの通行が多く、
二輪車の安全確保およびローリング族対策のため規制している。

だから、箕面の滝へは山側から二輪車ではアクセスする
ことができない。

この道路は、箕面市から亀岡市あるいは茨木市北部に通じるため、
大型トラックなどの交通量はすごく多いのです。

ローリング族とは、峠道などのカーブでバイクの車体を倒し、
速さを追求する集団のことです。

箕面の滝にバイクで行くならどうすればいい?
阪急箕面駅から歩いて滝まで行きましょう。

有料駐輪場なら、駅周囲にもありますが
無料駐輪場も、後で紹介します。

箕面の滝、駐輪場と、自転車マナー

箕面の滝は府営箕面公園内にあります。

公園内の滝道を含む園路はすべて遊歩道で、
歩行者優先となっています。

自転車でこられる方に注意してもらいたいのは
園路の全般は車道の歩道扱いです。

自転車に乗ると軽車両、押すと歩行者扱いになります。

園内を通り抜けられる方は滝道など園路では
衝突などの事故防止のために降りて

手押しで通行となっていますので、
間違って自転車に乗って通り抜けないように

注意してくださいね。

箕面の滝について、猿、紅葉、足湯、有料・無料駐車場また自転車やバイクなら無料と有料の駐車場。

昔に動物園があったことや、滝がポンプでくみ上げられている噂について、などなど

写真付きで紹介しています。
     ↓↓
箕面の滝 特集

バイクスタンドの設置箇所

箕面駅前第1駐車場に専用スペースあります。

バイクスタンドを設置。簡単なメンテナンス器具、専用空気入れの貸し出しを行っています。
自転車の組立てなどにもご活用ください。

箕面駅周辺
箕面駅前第1駐車場
ファミリーマート箕面牧落三丁目店
箕面ドライブウェイ
大日橋園地(大日駐車場の向かい)

箕面の滝の駐輪場無料(バイク・自転車)への行き方

箕面の滝、公園入口の一の橋 無料駐車場への行き方

阪急箕面駅出口から見えている箕面の滝
滝道なのですが、

写真の車が見えている辺りから、箕面の滝 滝道となります。

平日は滝道入口からバイクで速度を落として入り、
一の橋のところにある無料の駐輪場にバイクを止めることができます。
        ↓↓

この道は、あんしん歩行エリアとなっていて

紅葉シーズンには、混雑するため自動車が入れないように
ポールなどが立ててあります。

阪急箕面駅出口前から真っすぐに進むと、
両サイドに土産物屋さんが沢山ありますので人も多くなります。

接触しないように注意にながら、徐行運転で進んで行きましょう。

スポンサーリンク


コチラ左側に写っているお店箕瀧案は、箕面のゆるキャラ
「滝の道ゆずる」グッズが豊富にあるりますよ。↓↓
箕面の滝、お土産に人気!ゆるキャラは滝道にある箕瀧案。

しかもゆずサイダーなど飲みながら休憩スペースも
ありました!

そして、すぐに大江戸温泉に上がるエレベーターがあります。

ハイここが公園前にある一の橋です。↓↓

平日の11時過ぎには、駐輪場はこんな感じですが
日曜・祝日には停めることができないぐらい一杯となります。

紅葉シーズンでしたら、早い時間に箕面の滝 無料駐輪場のココへ来る方が良さそうですね。

箕面の滝に観光したら、美味しいランチいかがですか?
私のおすすめを書いています。↓↓
箕面の滝周辺でランチ。おすすめの店をグルメ箕面人が紹介。

地元の人しか知らない箕面の滝 一の橋駐輪場への行き方

阪急箕面駅前から、人混みが多く混雑していた場合は
駅前にある、駅前ロータリーを進む際に、写真の方から真っすぐの道を進むと、

公園入口の一の橋へ行くことが出来ます。↓↓


住宅街を抜けると、このように一の橋手前に着きます。
写真黄色の部分は、バイクを降りて押して下さいね。↓↓

この道は、観光客が少ない道で、箕面の滝 無料駐輪場一の橋まで行けます。
もし、有料の駐輪場をお探しの場合は↓↓こちらで紹介しています。
箕面の滝へ行こう。バイク駐輪場の料金とアクセスの紹介。

まとめ

・箕面市の府道4号(茨木能勢線)と府道43号(豊中亀岡線)
 の一部区間は、二輪車の通行が終日禁止のため

 箕面の滝、山側には駐輪場がない。

・公園内の滝道を含む園路はすべて遊歩道で、歩行者優先。
 自転車に乗ると軽車両、押すと歩行者扱いとなる。

・箕面の滝、駐輪場で無料の場所は、公園入口の一の橋。 

・ここへ行く滝道が一杯だった場合、池田泉州銀行から真っすぐの
 道を進むと、公園入口の一の橋へ行くことが出来る。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。