名古屋港水族館イルカのショーや種類。水槽の見どころを紹介

名古屋港水族館でイルカショーを見に行く前に、

どんなイルカの種類がいてるか知っていますか?

またそのイルカの特徴を知っていれば、

ショーをさらに楽しむことができます。

また名古屋港水族館の何が世界最大級なの?

また水槽の見どころなども紹介。

スポンサーリンク

名古屋港水族館、イルカのショー

イルカショーは北館3階のメインプールで行われています。

スタンドの正面には、イルカたちの生態や自然界での様子などを鮮明な映像で再現する、

ハイビジョン大型映像装置があります(画面寸法:横14m×縦7.9m)。

動物たちのパフォーマンスを楽しみながら、

少し前にしたジャンプをもう一度みることが出来るんです。

この日見たイルカショーでは、編隊を組んだイルカたちが

同時にジャンプしたりして最高級のショーが見られます。

イルカが出す水しぶきは、前の席のお客さんをずぶ濡れにさせます。

これは結構な勢いある水しぶきで、

水槽の枠から3,4メール程度の範囲に大量の水しぶきが飛んできます

観覧する時は注意してください。

ショーの進行は、客を飽きさせない工夫が感じられ、

職員とイルカのコンビネーションが大変よく、楽しかったです。

名古屋港水族館、イルカの種類

バンドウイルカ

日本の水族館で一番多い「バンドウイルカ」

世界中の海に生息しています。その認知度から代表的なイルカとなっている。

地域によって体の大きさや体色などに差があり、

日本の近くで見られるものは体長およそ3m、体の色は濃いグレー

バンドウイルカのいない海は、北極圏および南極の寒い海だけなんですよ。

広範囲に海に生息しているため追跡調査が難しいと言われている。

水族館では主にサバ、ホッケ、イカなどを与えていますが、

野生のイルカはさらにイカやカニなども食べるようです。

主に小さな魚を主としていて、群れを作って暮らし

協力しあって狩りや子育てを行います。

そのために仲間どうしのコミュニケーションが活発に行われます。

「ピーピー」「ニャア」といったさまざまな音を出して、

仲間どうし連絡をとりあいます。

そのほか接触によるコミュニケーションも行われます。

ヒレでお互いの体を触りあったり、口の先でつついたり。

水族館でもそんな様子を見ることができます。

名古屋港水族館のお土産に、カワイイキーフォルダーを購入しました~↓↓
名古屋港水族館お土産に、おすすめキーホルダーやストラップ

カマイルカ

北太平洋温帯域に広く分布し、日本近海ではもっともふつうに見られるイルカで、

定置網などに迷い込むものもいます。

白と黒のコントラストが美しい体の色をしています。

背びれが草を刈る鎌の刃に似ていることから「カマイルカ」という名がつきました。

体長はおよそ2mで、動きが非常に敏捷(びんしょう)なイルカで

スポンサーリンク

セミイルカやハナゴンドウなど、他の小型鯨類と一緒に行動することもあります

好奇心が強く、船の近くによってくることも多い。泳ぐ速さは時速55km程とされる

日本の水族館ではバンドウイルカに次いで多く飼育されています。

群れで行動することが多く、時には数百頭から数千頭の群れを形成

カマイルカはバンドウイルカよりも小型で、

しかも高くジャンプすることが出来るので、

空中に跳び上がる姿はまるで飛んでいるかのように見え、

見ごたえがあります。

こんなに文房具のお土産があって選ぶのが楽しい↓↓お土産にいかがですか?
名古屋港水族館お土産に、シャチやペンギンのアザラシ文房具

名古屋港水族館、イルカの水槽

水槽は、幅60m、奥行き30m、最大水深12mにも及ぶ、
世界最大級プール。

3階がショー見物席、2階はショープールを水中観察できる水槽。

その水量は驚きの13400トン。
想像出来ない量ですよね。

名古屋港水族館イルカ水中観覧席

メインプールの下には、広々とした水中観察窓があるんですよ!

パフォーマンスをするイルカたちが高速で泳ぐ様子や、

ジャンプするために助走をつけているところなど

水の中でのダイナミックな動きを楽しめます。

水上ショーからは分からないイルカたちの動きに、

へえーって感動します。

大きさは縦4m×横29m、観客席の収容人数は約400人。

2台の42インチモニターで、水面での様子も観察できます

ここは、じゅうたん張りになっていて

小さな子供達が走り回っていたり、

座りながらゆっくりと眺めることもできます。

海の中で自由に泳ぎまわるイルカを想像していると

あっという間に時間が経ってしまいます。

シャチが見れなくなるかもって本当?あなたにおすすめ↓↓
名古屋港水族館シャチのショーやリン。繁殖って簡単なの?

名古屋港水族館イルカプール

イルカたちの生活を間近で観察できるのが、イルカプールです。

3Fでは水上、2Fでは水中からイルカたちを観察することができます。

イルカは高い周波数をもったパルス音を発して、

物体に反射した音からその物体の特徴を知る能力を持ちながら

仲間と暮らしています。コミュニケーションをとる様子や、

自由に泳ぎまわる姿を、ぜひご覧になってください。

まとめ

・名古屋港水族館イルカショーはダイナミックなものが見れる。
・日本の水族館で一番多いバンドウイルカ世界中の海に生息。
・カマイルカはバンドウイルカよりも小型で、しかも高くジャンプすることが出来る。
水槽の見どころ
 ・名古屋港水族館メインプールの下には、広々とした水中観察窓がある。
 ・3Fでは水上、2Fでは水中からイルカたちを観察することができる。
 ・水槽は、幅60m、奥行き30m、最大水深12mにも及ぶ、世界最大級プールがある。
 ・大きさは縦4m×横29m、水中観客席は、モニターで水面での様子も観察できる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。