フランスゴムの木の気根って枝から根・ひげ?増やし方あるの

ゴムの木を育てていると

枝の横からヒゲみたいなものが、

ちょこちょこあるな~って思っていたら

ニョキニョキ伸びて来ていませんか?

このヒゲは、何もしないで大丈夫?

これって何で出てくるの?

気根の役割は何?対処法は何?

このヒゲを使った

増やし方ってあるの?

このような内容を、紹介しています。

スポンサーリンク

フランスゴムの木の気根って枝から根がでている?

そもそも気根(きこん)って何?

気根とは、枝などから下方に向かって成長して垂れ下がったりする根や

横走する地中根から地上に向けて顔を出すように成長する根などのように、

空中にまず顔を出すように作られる根のこと

空中の湿気を吸収したり、保水や支柱の役割をする根もあり、

枝から根がでているように見えるのを、気根といいます。

地上茎からでて地面に到達すると太くなる気根は、

地中に入れば吸水の機能もある

熱帯植物に生息する植物に気根は多くみられ

ウンベラータやガジュマル等のゴムの木の仲間をはじめ、

多くの種類の熱帯植物に見られる性質。

気根の役割は植物により異なる。

本来気根が出ない植物からも出ることがあります。

植物を育てていると、虫が発生して困ったことはありませんか?

私は、虫が大の苦手!!なんとか虫を発生させないように↓↓工夫を紹介しています。
観葉植物に虫がつかない土や予防方法は?土の上に置いてみて

フランスゴムの木の気根・ひげの原因は?

気根は、ひげの様にアチコチからでてきます。

幹の上部から気根を垂らした気根(ひげ)は、地面に到達すると

どんどん幹のように太く成長して木を支えます。

お釈迦様がその樹下で悟りを開かれたというインドの菩提樹などでは、

スポンサーリンク

この気根が土にまで達して、

地中に根を下ろして、まるで幹のように太くなっていきます。

ハワイの公園などでよく見かけるゴムの木の仲間バニヤンツリーは、

だらんと垂れているのは枝ではなく、気根が伸び続けて地面に届くと、

新しい幹となり、木の成長を助けています。

レストランの中央に、この姿を利用してシンボルツリーのお店があります。

熱帯の地域では、このような植物が発達します。

気根が出てきた原因は?

お店で販売しているフランスゴムの木には、気根がないのに

なんで私の木にはヒゲがいっぱい出てきたの?

心配する必要はありませんよ~。

フランスゴムの木が成長している証拠

もし気になるのならば、また出てくるとは思いますけど

見た目が悪いので切り取っても問題ありません

《原因》

・鉢に根が回って水不足になっている。
・湿度が高い環境に鉢を置いている。
・土が乾燥しすぎている、水分不足の状態。

鉢の中で根がどんどんと伸びてもう水分を吸収することができません。

土が乾燥している原因としては、水やりの回数等ですね。

湿度が高い環境に鉢を置いている場合、植物が土から水分を吸い上げるより

空気中から水分をとる方が、早いと思ったようですね。

もちろん、霧吹きで水やりをしていたら

気根はグングンと、でてきますよ~。

気根は、夏場に出てきやすいので特に注意しましょう。

また湿度が高いと、日に日にビックリするぐらい気根が伸びていきます。

ですが、気根を垂らした姿も、

なかなか野生的でワイルドになりますよ。

ゴムの木の仲間は、生命力あふれるその姿が魅力的でもあります。

お好みで、そのまま切らずに育ててみるのも良いと思います

長く伸びたヒゲ状の気根があれば先端を、土に挿してみましょう。

どんどんと土に中にもぐって行きます。

気根が出てきた時には対処法

・ひげのような気根を指で折って取り除いてしまう。

・鉢に根が張っている場合は、植え替えをする。

・湿度が低い環境に鉢の置き場所を変更する。

・土が乾燥しないように、水分不足の解消。

ゴムの木って簡単に曲げることが出来るんです。

実際に曲げてみると簡単にまがってインテリアに人気の形になりますよ。

育てる楽しみが増えます。
        ↓↓
フランスゴムの木をインテリアに!曲げる・樹液や成長速度

フランスゴムの木、気根で増やし方あるの?

気根を綺麗に取った後、土に挿しても

フランスゴムの木の気根では増やし方は、ありません

増やす方法としては、挿し木がおすすめです。

大切に育てているフランスゴムの木の葉っぱが

突然落ちたらビックリしますよね。

なぜ葉っぱが落ちたの?枯れる前兆かも…と心配しますね、

肥料や水やりについて紹介しています↓↓
フランスゴムの木葉っぱが落ちる枯れた?水やりと肥料は?

まとめ

・枝から根が出ているように見えるのは、気根というもの。
・気根とは、空中の湿気を吸収したり、保水や支柱の役割をする根のこと。

・ヒゲのように伸びる気根の原因

  ・鉢に根が回って水不足になっている。
  ・湿度が高い環境に鉢を置いている。
  ・土が乾燥しすぎている、水分不足の状態。

・気根が出てきた時には対処法

  ・ひげのような気根を指で折って取り除いてしまう。
  ・鉢に根が張っている場合は、植え替えをする。
  ・湿度が低い環境に鉢の置き場所を変更する。
  ・土が乾燥しないように、水分不足の解消。

・気根を土に挿しても増えません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。