浴衣の履物にサンダルのオススメ他に合う下駄や草履の紹介

いよいよ夏祭りや花火大会のシーズンですね!

浴衣にサンダルって合うのかな?

浴衣にサンダルやミュールにはこんな物が合います

浴衣に合う履物で下駄や草履の違いは何かな特徴は?

履きなれない下駄や草履には痛くなりやすいので

痛くならないように準備できることも紹介

スポンサーリンク
  

浴衣に合う履物のサンダルってこんなもの

浴衣はそもそも昔では銭湯の後に汗ばんだ肌に風通しがよく汗を吸う素材で作

られた浴衣を着て湯上り着と呼ばれていました 次第にちょっとしたお出かけ

着に変化していき盆踊り、花見などおそろいの浴衣を着て出かけるようになっ

て現在では花火大会や盆踊りなど夏の風物詩となりましたこのような歴史があ

る服ですので堅苦しい決まり事はなく涼しげな姿でラフに着るカジュアル服で

すのであれはダメこれはダメなどない浴衣に合う履物であればいいのですです

が夏の風物詩で浴衣に下駄の女性がカランコロンと音を立てて歩く姿は綺麗で

すね ですが最近の下駄にはゴムがついておりあまり音が鳴らないそうです

サンダルやミュールを選ぶポイント

・浴衣に合う色、浴衣の柄を引き立てる色合い

・ヒールの高くないもの出来ればフラット

・歩くとカツカツ言わない

・無地もしくは和柄

・歩くことを考え安定したもの

・鼻緒の形をしたサンダル

・和風のサンダル

・下駄のようなタイプのサンダル

・綺麗目のビーチサンダル花やレースの付いたものも多いです

浴衣にクロックスはあまり合わないですね

 

浴衣の履物は下駄がいい?

下駄

素材は木で作ったものです足を載せる板に歯(板の底にはめ込むことで靴底に

なる部分)下駄と言うと浴衣・涼し気なイメージが強いですが浴衣や夏の着物

はモチロン冬の着物などオールシーズン下駄は使える また下駄イコール痛い

ものと思ってしまうのだが基本下駄は買うものではなくひとりひとりの足に合

うものをオーダーするので痛くなることはなかったそうです 現代は買うこと

が多く下駄に足を合わせていたから足に合わず痛くなったようです日本人なら

ではの浴衣に下駄「粋」に着こなしてみてはいかがでしょうか
   

    
下駄の種類

下駄とひとくくりにしていますが色々な種類がある鼻緒も絹など色な素材を使

スポンサーリンク

っていて形・素材も様々にあります 下駄の底にも種類があります

右近

歩きやすい形で下駄と草履を合わせたような形でかかとの部分と土踏まずから

つま先にかけてゆるいカーブが突いた形に作られている
 
これならオーダーで作って履きたいですね

雪駄(せった)

竹皮草履(畳表)に皮を張り付けたもので履きやすさを重視した 誰にでも履

きやすい履物なので水になって染みます素材に牛皮が張ってある雪駄(せった)

もあります雪駄と草履(ぞうり)の違いは、かかと部分の加工で雪駄の種類にお

いては後金と呼ばれている金属を取り付ける事でカチカチとした音を鳴らす事

が目的であるとされてお祭りで良く使うようです このような訳で女物の雪駄

というのはあまり少ない草履は歯がなく底が平ら鼻緒をすげたもの草履と雪駄

は似ているが中に入っている重ね芯の枚数や雪駄の多くに底に金具が付いてい

る為その違いである
       

浴衣に合う履物、草履もあるよ

草履

歯がなく底が平ら鼻緒をすげたもの 草履にするならかかとの低いものを選ぶ

と良いでしょう また草履は高さがあるほど正装用になりますので注意して下

さい素材はイ草だと通気性よくムレにくいです草履だと鼻緒の部分が擦れて皮

がめくれたり赤くなることを鼻緒ずれといいます これを防ぐ為には鼻緒の素

材は幅広のものを選ぶ新しいものを履く前に慣らしておく(数日前から履いて

歩いておく)購入時に履いてみて自分に合うものを購入履く前に鼻緒をしっか

揉んで柔らかくする

鼻緒ずれに最も最高の対策は

足袋を履いてしまう白い足袋は着物に履くイメージもありますが最近では草履

にあうレース柄和柄足袋が販売されています

注意

・鼻緒ずれを防ぐ為に草履を足のサイズより大きく購入すれば良いと思いますが

 草履や下駄は、靴のようにすっぽり足を入れるものではない和装で一番綺麗な

 着姿になるのはカカトが草履台の端から1cmほど出ている姿なので注意

・裸足で履物を履くときは爪のお手入れを忘れずにせっかくの浴衣姿ですか足先

 まで清潔感ある足元で楽しみましょう

花火大会について、持ち物や、有料・無料席・花火が一発いくら?など紹介しています。

よろしければどうぞ。
     ↓↓
  淀川花火大会特集

まとめ

浴衣でお出かけするのに履物にサンダルなら和柄で歩きやすく・下駄・草履どれも

それぞれに特徴があるので、メリットデメリットを理解し使いこなしましょう。

また履きなれない下駄や草履は、しっかりと準備して履くことで痛みなくはけます

せっかくのお出かけですから履物のトラブルなく楽しんで下さいね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。