下駄を履くと痛む対策!足裏や、かかとに効果のあるものとは

下駄を履くと足の裏やかかとが痛くなってしまったこと

ありますよね?なんでこんなところが痛くなるのか?

下駄を履いた時の歩き方をマスターすることで改善され

ることが多いのです。

またこの下駄の歩き方を習得するには自分に合った下駄

が必要になります。

下駄選びや痛くなった足へのケアや

対策を紹介します。

今年の夏祭りは下駄を履いた歩き方

をマスター浴衣で沢山満喫しましょう!

スポンサーリンク
  

下駄でかかと痛いの?対策は?

下駄を履いた正しい歩き方をする女性の下駄歩きの理想形は靴のように、かか

とを落とさないのが良い歩き方です

下駄の歩き方

足を下駄に入れる

 足の指で鼻緒をすくう気持ちで履いてください鼻緒を指でつまんですくい上

 げるように下駄を持ち上げる鼻緒に指をギュッと入れたくなりますが強く入

 れることで指の間が擦れて赤くなり水ぶくれが出来ます

かかとは下駄から2~3㎝出します

まっすぐ下に足をおろし重心を前に移す

つま先で地面をけって進む 

やや内またに歩く

歩幅は小さく歩きましょう

考えると歩きにくいので前に重心を掛けて歩くイメージで歩いて下さいこのよう

な下駄歩きをするとどこにも、かかとを落として、歩くという要素がないですね

下駄の選び方

下駄が足に合っていない場合も足指の間が痛くなる原因ですほとんどの場合鼻

緒が合っておらず正しい位置に足の力が入らなく足のあらゆる場所に痛みがで

ますのでしっかりと下駄を選びましょう

値段はかかりますが職人さんが足に合わせて鼻緒をすげてくれる店で購入が1

スポンサーリンク

番良いでしょうデパートの催しで下駄の職人さんが来ることもあります

①下駄の足を載せる部分で台の形を選ぶ

②鼻緒の素材を選び自分の足にあうように調整してもらう

③かかとが下駄より2.3㎝出ているものを選ぶ

鼻緒の素材や、すげ方で履き心地がまるで変わります きちんとすげた鼻緒

だと下駄が足に吸い付く感じになる かかとが下駄より出てるので小さいか

もと思ってしまう場合もありますが下駄とか草履は靴とはずいぶん違い、こ

の下駄からかかとがはみ出たはき方が正しい形なのです 買ってみたけどワ

ンサイズ小さいとあわてている下駄が実際にはピッタリなサイズなんです正

しい下駄歩きをした場合には下駄の前の歯が内側から減っていきますよ

下駄痛い?足裏の対応

通常、足の裏は歩くときの衝撃をうまく吸収したり分散させたりする役割があ

る下駄を履くことで慣れていない履物により重心の掛け方も不安定となります

また正しい歩き方をしていないと足裏の筋肉を使い歩こうとするので非常に筋

肉を使い足の裏に負担がかかり疲れやすくなってしまう やはり歩き方を正しく

行うことが足裏が痛くならない近道ですよ

痛くなった場合

①お風呂の中でマッサージを行い血行促進させ疲労回復させることが必要そして

 安静にすることです

②寝る前に疲れている部分を湿布で冷やして鎮静

下駄で痛いかかと原因と対応

原因

①地面に着地する時にかかとに重心がかかっている

②もともとかかとが出る下駄を買っているのです重心が後ろにかかると
 皮膚を圧迫して痛みがでる

かかとが痛くなった場合

傷パワーパッドなどで保護する

②足袋を履く場合にはストレッチで布が厚い素材があります少しでもかかとのク
ッションとなります

花火大会について、持ち物や、有料・無料席・花火が一発いくら?など紹介しています。

よろしければどうぞ。
     ↓↓
淀川花火大会特集

まとめ

下駄が自分の足に合っていないと痛みがでますね。下駄選びから鼻緒をすげて

もろえば後は歩き方をマスターするだけ!歩きやすい正しい歩行はかかとや足

裏の負担が減ります下駄を履くときには歩き方を習得すること自分にあう下駄

を選ぶことが大切です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。