神戸どうぶつ王国ワイルドキャッツランチメニューと味の紹介

スポンサーリンク

神戸どうぶつ王国に行ったら

ランチには色々ありますが、

前から気になっていた

ワイルドキャッツでランチしてみました~。

ワイルドキャッツでは、お米にツシマヤマネコ米を使っています。

これっていったいどんなお米?

生物多様性保全普及啓発型レストランって

どんな意味があるの?

もちろん食事した感想やメニューについても

写真付きで紹介します。

神戸どうぶつ王国ワイルドキャッツ、ランチが出来るよ

神戸どうぶつ王国・ワイルドキャッツ

《営業時間》11:00~15:00(LO14:30)

《場  所》アウトサイドパーク(屋外)「カンガルーファーム」横

※ラストオーダーの時間をもって入店締切。

※季節や天候等により屋内(フラワーシャワー)で販売する場合があり。

ワイルドキャッツの場って、アウトサイドパークといって動物たちがいる屋外にあります。

屋外だから暑かったり、雨が降ってくる?

大丈夫でしたよ。私たちが今回ワイルドキャッツに行ったのは秋

とっても天気が良い日でした。前から食べてみたかったので

ワクワク。。お店に入るとカレーの香りがして食欲をそそります。

カワイイお姉さんが2人作っていました。

カレーって家でも食べれるのですが、

ここワイルドキャッツは生物多様性啓発レストランだから、

食べることで自分も動物達に協力出来ているのかな?って思います。

平日のお昼に行ってみると、お客さんは1組。

ここワイルドキャッツは、ハヤシライスや、カレーのお店。

さーて何を食べよう?

期間限定のバターチキンカレー¥850に決定!ハンバーグかチキンが選べます

じゃーーーん!
  ↓↓

バターチキンカレーということで、甘みを感じつつ、ピリリとした感じは全くなし。

お子様も食べれるカレーです。感想は、普通に美味しかったですよ~

ちなみにレッドマサラカレーは、かなり辛いですよとお店の方が言ってました。

ちょっと値段が高く感じますが、このお米「ツシマヤマネコ米」を使っています。

調べてみると、 5kg 1袋 3,000円(税込・送料別※)

注文を受けてから精米する「今摺米(いまずりまい)」とのこと。

とてもイイお米ですよね~。カレーは、¥850…だけどココで食べることにより、

私達も少なからず協力出来ているのだと思えばうん。納得!!

スポンサーリンク

トレーにのったカレーを持って、どこで食べようかな~。

お客さんが少ないので席は選びたい放題。

のんびりしているカンガルーの姿を見ながら食べれる席に決定。

園内には、植物がたくさん植えられているので、

とーっても気持ちいい!動物がいると、虫が飛んできたりするのは

仕方ないのですが、私の場合、神戸どうぶつ王国で虫でのトラブルがあったことが

ありませんよ~。

王国の混雑状況について書いています↓↓
神戸どうぶつ王国平日の混雑。夏休みゴールデンウィーク状況

神戸どうぶつ王国ワイルドキャッツのメニュー

《メニュー》

・カツカレーorハヤシ ¥950

・ジャーマンカレーorハヤシ(ソーセージ入り) ¥950

・王国カレー ¥750

・ハヤシライス ¥750ほか

現在、カレーフェアを実施中!

ハンバーグorチキンのトッピングがついている

「バターチキンカレー」「レッドマサラカレー」「タヒチカレー」を期間限定で販売。

神戸どうぶつ王国には、バイキングレストランもあります。

メニューを紹介しています↓↓
神戸どうぶつ王国バイキングメニュー。口コミと予約について

神戸どうぶつ王国ワイルドキャッツの味

生物多様性保全普及啓発型レストラン「WILD CATS(ワイルドキャッツ)」って何?

地球にはいろんな種類の生物がいて、それらは利用し合い支え合い、

互いに関わりあいながら人間も生きています。

そして生物には、海・山・川・サンゴ礁・森・と色々あることで

人間も動物も互いに生きていけます。

こうした豊かな自然のつながりを「生物の多様性」というのですが

近年、人間の都合で自然が壊され、その影響で絶滅しそうな動物が増えており、

この動物が絶滅することで、生態系のバランスが崩れ、様々なところに影響。

1992年、ブラジルで行われた「地球サミット」で生物多様性条約(CBD)

様々な植物、動物が存在することで、互いに成り立っている地球上のあらゆる動物を

守っていこうという条約が結ばれました。

そこで様々な取り組みが行われ、その1つにワイルドキャッツのお米も関連しています。

神戸どうぶつ王国、ワイルドキャッツのお米

長崎県の対馬にのみ生息するヤマネコの一種 ツシマヤマネコは、

田畑・山に生息していますが、農家の高齢化などにより生息環境が減少し、

絶滅も危ぶまれている。そこで、米づくりを続けることが、

ヤマネコの生息にとってもプラスとなっています。

神戸どうぶつ王国について、混雑状況・バイキング・おみやげ・ベビーカーの貸し出し
・デートプラン・ランチバイキングなど特集して書いています。
     ↓↓
神戸どうぶつ王国特集

まとめ

・神戸どうぶつ王国、ワイルドキャッツは、アウトサイドパーク(屋外)「カンガルーファーム」横にある。
・ワイルドキャッツは、カンガルーを見ながら食べることが、できる。
・カレーなどのお米は、ツシマヤマネコ米を提供してくれている。
・やや高い値段設定だが、ヤマネコの保護に役立っていると思えば嬉しい。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。