永源寺紅葉と観光。拝観料と階段や営業時間。ご存知ですか?

永源寺紅葉へ、行ってきました。

11月の昼間に紅葉狩りをしてきましたよ。

永源寺に行く途中の道や、階段をご存知ですか?

登った体験をレポート。

その途中にあったものは何?

また、紅葉した永源寺の素晴らしい様子を

写真とともに説明しています。

また、拝観料はいくらだった?

営業時間って、紅葉狩りの時期は

少し違いますので紹介します。

スポンサーリンク

永源寺紅葉と観光拝観料

永源寺紅葉と観光拝観料はコチラ

例年の色づき始めは、11月上旬~11月下旬

紅葉する木の種類は、ヤマモミジ、カエデ、イチョウ、イロハモミジなど。

料金

参拝志納料 大人500円、中学生以下無料

永源寺紅葉観光と階段

永源寺紅葉観光と階段はこんな感じだった

駐車場からすぐに赤い橋があります。

この橋の下には愛知川が流れていて奥の方には霧がかかっていて、

山の斜面が紅葉してきているのが確認できます。

この景色も十分に美しいのですが混雑していますので

立ち止まることが出来ません。

とても空気も美味しく感じられました

橋を渡ると、お土産屋さんがズラーっと並んで

名物の赤こんにゃくが、良く売れていましたよ。

食べ歩きしたり、座って食べる場所も用意されていています。

紅葉狩りをする前に、おでんやコンニャクなどを食べてから

行くのもいいですね。

紅葉バスツアーについて近隣の紅葉も一緒に見てきました。
     ↓↓
阪急交通社トラピックス大阪永源寺鶏足寺多良峡ツアー土産もある

永源寺から近い、鶏足寺について紹介しています。
     ↓↓
鶏足寺紅葉見頃見どころ混雑状況マップで紹介

永源寺紅葉への階段

永源寺の階段は、たくさんあるので

はじめは、みんな数えながら登っていくのですが、

そのうち数える声も少なくなって、来ます。

軽い階段が、続いているのかな?と思っていたのですが

これがまた、結構キツイ階段なのです。

ですから、数える声も聞こえなくなってしまう。

到着すると、口々に初めは数えていたけど…と聞こえてきます。

「永源寺あるある」かもしれません((笑))

階段の登りはじめる左手に、竹で作った杖があります。

この杖は、無料ですので必ず使って下さいね。

沢山用意してくれています。自分の手のひらに合うサイズで

握りやすいものや、長さを選んでみて下さい。

子供達は、これを持つとテンション高く階段を登ってくれるので助かります。

永源寺の階段は石の階段で、形が整っているところもあれば

やや歩きにくい場所もあります。

また、下りの場合にはトントンリズム良く

降りることもできれば、

リズムが狂うとつまずいて転びそうになることもあります。

運動不足の私には、ハイペースで登ると

フーフー言ってしまいます。

途中でも紅葉している木々がトンネルを作ってくれて

スポンサーリンク

あの、写真で見た永源寺の美しい紅葉をみるためには

この階段を制覇しなければ見れません。いったい何段あるのかと聞いてみると

ご存知ですか?

なんと永源寺紅葉の階段は、約120段ほど!歩いてみるとさほど時間が経っていません。

しかも、一部分がキツイと感じますが、健康な方でしたら休憩しながら登れます

ただ、車いすの場合、この階段は持ち上げてもらわないと厳しいかと思います。

混雑について紹介しています。
     ↓↓
永源寺のライトアップ・紅葉おすすめと、混雑状況について。

永源寺紅葉の観光

一生懸命歩いていると岩壁を見上げると、

個性豊かで様々な十六羅漢(じゅうろくらかん)がいてます。

十六羅漢って知っていますか?

お釈迦様の弟子で特に優れた代表的な16人の弟子を十六羅漢といいます。

お釈迦様の教えを後世に伝える大切な役割を担っているんですよ。

ここまで来ると、階段もラクになって平坦になり山門が見えてきます!

永源寺の山門が見えてきます。この門は、総門の奥に位置する重層門。

現存の建物は1802年(享和二年)に彦根藩井伊家の援助で建てられたもの。

臨済宗の大本山で山門は、重要文化財に指定されています。

とにかく大きくてビックリなのと、

紅葉したモミジとの美しいコラボレーションはコレ~
     ↓↓

モミジが緑から黄緑と赤く染まってきています。

風にそよそよと揺れる葉は、秋が深まってきている様子を伝えています。

山門の美しい造りを引き出すかのように紅葉と重なっています。
    ↓↓

門をくぐると、カエデやモミジが沢山あり、

美しい景色を見せてくれています。

紅葉は落ち葉となって、境内の庭を朱色に染めていました。

本堂、山門などでは見事な調和をしており、とても趣のある

建物は、臨済宗の大本山で重要文化財に指定されていて黒色なので、

紅葉とのコントラストが映えるため、見ごたえある紅葉となっている。

山門を抜けると法堂、方丈、開山堂などが立ち並んでいます。

モミジや、カエデの木は中の建物をつつむように

大きく育っています。

あらゆる場所の屋根にも積もってモミジの朱の世界を見せてくれます。

「趣」を感じることが出来ます。

日本人に生まれて良かったと感じる瞬間。

永源寺紅葉、観光と営業時間

臨済宗永源寺派 大本山 永源寺

時間 9:00~16:00

11月3日(祝)から30日(金)の期間中は、17:00から20:30の閉園までライトアップも行っている。

お問い合わせ
永源寺地区まちづくり協議会
TEL : 0505-802-9336

まとめ

・拝観料 大人500円、中学生以下無料
・永源寺紅葉の階段は、約120段ほどあり車いすでの階段は厳しい。
・営業時間は、9:00~16:00だが11月3日(祝)から30日(金)の期間中は、
  17:00から20:30の閉園までライトアップも行っている。
・永源寺紅葉の階段は、約120段ほどある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。