永源寺の御朱印、時間と種類㏌滋賀県。世継ぎ菩薩の寺。

永源寺へ、紅葉を見に行きました。

そしてお参りもして、御朱印をいただいて

きました~。

御朱印は、お寺の、どこでもらえるの?

拝観時間や御朱印の料金は?

そもそも永源寺って何処にあるの?

世継ぎ菩薩の寺とも言われている、その訳は?

実際にお参りした感想や

御朱印を写真とともに紹介します。

スポンサーリンク

永源寺の御朱印と時間

素晴らしい景色にため息が出る程の紅葉です。永源寺境内を拝観して下さい。

拝観できる時間は、

通常参拝時間 午前9時から午後4時まで

観楓期(10月下旬から12月上旬) 午前8時から午後5時まで

ライトアップの時間等は拝観案内をご覧ください。

紅葉の時期にライトアップした永源寺に行って来ました。

とーっても綺麗で、幻想的ですよ。

その様子については、こちらに紹介しています。参考にどうぞ。
     ↓↓
永源寺のライトアップ・紅葉おすすめと、混雑状況について

永源寺の拝観料

参拝志納料 大人500円(団体20名以上450円、中学生以下無料)

永源寺に今回行ったのですがハッキリ言って

紅葉を楽しめて、参拝できたので500円は安いです!!

永源寺、御朱印の種類

永源寺、御朱印の種類は

神仏霊場「大悲殿」の御朱印 となっています。

永源寺の御朱印が、貰える場所は境内納経所。

本堂横の朱印受付所にて受け付けております。

こちらが、境内納経所です。
     ↓↓

私が、伺ったときには2人の方が対応してくれました。

事前に用意されていた御朱印は封筒に入って置いてあります。

もしくは、直接御朱印帳に書くものと

どちらにするか聞かれます。

後者を選び、御朱印帳を開いて渡します。

コチラがその御朱印!!
    ↓↓

スポンサーリンク

急いでいる時には、事前に用意されたものを購入するのですが

時間に余裕がある時には、いつも御願いしています。

墨書に、朱印を押してもらうと、

また1つお参りした御朱印が増えたな~って嬉しく思います。

自宅に帰って御朱印帳を開くと、

鮮明に紅葉した永源寺が思い出されました。

御朱印って、写真と違った楽しみがありますよね?!

御永源寺御朱印の値段

御永源寺御朱印の値段は、1件300円でした。

永源寺のオリジナル御朱印帳は、

赤く染まったモミジがデザインされた御朱印帳があって、

清流・愛知川と紅葉をデザインした御朱印帳。

カラーは朱色と紫色の2種類が用意されています。

サイズは18×12㎝、値段は1000円

永源寺と御朱印・滋賀にあるお寺

永源寺って、こんなお寺

永源寺は滋賀県東近江市永源寺高野町にある臨済宗の寺院。

1361年(興安元年)に近江守護の六角氏頼が帰依していた

臨済宗の僧・寂室元光を開山に招いて創建。

寂室元光は室町幕府第三代将軍足利義満も帰依した名僧であり、

永源寺には多くの修行僧が集まったが、

応仁の乱以後、戦乱に巻き込まれて徐々に衰退した。

その後、江戸時代前期に絲文守禅師が再興して、

彦根藩井伊家の支援を受けて寺観が整えられました。

明治初めには政府の方針にとり臨済宗東福寺派に属したが、

1880年(明治十三年)に独立して、

現在は臨済宗永源寺派の本山となっている。

紅葉の名所としても知られ、シーズン中には夜間ライトアップも行われる

永源寺の見どころ

見どころは、総門、山門、鐘楼、方丈(本堂)、芭蕉句碑、法堂、開山堂、含空院 です。

山門は、総門の奥に位置する重層門。

現存の建物は1802年(享和二年)に彦根藩井伊家の援助で建てられたもので、

非公開だが、楼上には釈迦三尊像、十六羅漢像を安置する。

ライトアップされた山門は、大きく紅葉したモミジとの

コントラストが美しい。

永源寺の、もみじはいつ頃きれいなのかというと

新緑は5月初旬から中旬にとてもきれいになります。

秋の紅葉は例年10月下旬から12月上旬ですので、

新緑か、紅葉を目指してお参りされると

楽しめて、良いと思います。

方丈(本堂)創建時の建物は兵火で失われ、現存するのは1765(明和二年)の再建。

堂内に安置される本尊の観音像(秘仏)は開山の寂室元光が留学先の中国から戻る際、

海上で嵐に巻き込まれ窮地に陥ったところを救った観音様とされ、

跡取りができず悩んでいた六角氏頼の子・満高がこの像に祈願して

男の子を得たことから「世継観世音菩薩」とも呼ばれる。

本堂横には、伊井直滋(なおしげ)の甲冑が展示されています。

永源寺の紅葉について紹介しています。
    ↓↓
永源寺のライトアップ・紅葉おすすめと、混雑状況について。

まとめ

・永源寺は滋賀県東近江市永源寺高野町にある臨済宗の寺院
・拝観時間は、通常参拝時間 午前9時から午後4時まで。
 観楓期(10月下旬から12月上旬) 午前8時から午後5時まで。
・見どころは、総門、山門、鐘楼、方丈(本堂)、芭蕉句碑、法堂、開山堂、含空院。
・永源寺の御朱印が、貰える場所は本堂横の朱印受付所にて受け付けてます。
・御永源寺御朱印の値段は、1件300円。
・通常参拝時間 午前9時から午後4時まで。
 観楓期(10月下旬から12月上旬) 午前8時から午後5時まで。
 ライトアップの時間等は拝観案内を確認ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。