清荒神って寺なの?神社なの?神様と仏様が一緒でいいの?

清荒神って行ってみたらお寺っぽいのに

神様がいる??

確かに清荒神って火の神様ってイメージがある。

いったい寺なの?神社なの?

どっちなんだろう。

調べてみると、よく分からない用語があって

チンプンカンプン??

私なりに、調べてみたらスッキリ~。

皆さんにも、

私のように分りにくかった方へ

分かりやすい言葉で説明しています。

スポンサーリンク

清荒神って寺なの神社なの?

清荒神 清澄寺(きよしこうじん せいちょうじ)について

子供の頃から父に、台所の神様で火の神様やで~っと、

教わったのですが、名前にも寺が付いている…

じゃお寺?調べてみると、

清澄寺のご本尊(ほんぞん)、大日如来様(だいにちにょらい)の守護神として、

三宝荒神様が祀(まつ)られています。と書いてある。

ん?もう意味が…分からん。

私みたいな方、一緒に調べてみましょう~。

はじめに、出てきた用語を調べて行きます。

大日如来様(だいにちにょらい)とは

真言宗では大日如来を、ご本尊としていますが、

「すべての仏様は大日如来が姿を変えたものである」という考えから、

様々な仏様もまつられています。

清荒神に行かれたらお菓子はいかがですか?宜しければどうぞ。
      ↓↓
清荒神の土産に、お菓子とせんべいと値段。おすすめはコレ!

三宝荒神様(さんぼうこうじん)とは

かまどなど火をつかうところに火の神としてまつられる三宝荒神と、

屋敷や同族・地域をまもる地(じ)荒神、

および牛馬の守護神としての荒神にわけられる。

霊験あらたかな大変「あらあらしい神」とされています。

清荒神では、大日如来様(だいにちにょらい)の守護神となっている。

三宝荒神様は、あらい気性の神様なので、そのパワーも強く

願いも叶いやすいと聞いたことがあります。

次に清荒神について、

鎮守社(ちんじゅしゃ)として三宝荒神社があり、

竃(かまど)の神の荒神などを祀る神仏習合から

「清荒神清澄寺」の名前がついていますとある。

ふむふむ?またまた、分からん。

ハイ用語を調べましょう。

神仏習合(しんぶつしゅうごう)って何?

日本古来の神と外来宗教である仏教とを結びつけた信仰のこと。

すでに奈良時代から寺院に神がまつられたり、神社に神宮寺が建てられたりした。

鎮守社(ちんじゅ)って何?

神仏習合の結果、寺の地をしずめ守るために建立された神社。

なるほど~。なーんとなく、分かってきましたので

整理して、私なりの清荒神について紹介してみます。

お付き合い下さい。

清荒神(きよしこうじん)寺なの?神社なの?

正式には「清荒神清澄寺(きよしこうじん せいちょうじ)」と言う

真言三宝宗のお寺さん(大本山)です。

スポンサーリンク

ちなみに摂津国八十八箇所第72番札所です。

真言三宝宗(真言宗の一派)では大日如来をご本尊としています。

ですから、本尊がある場所はお寺となっています。

大日如来は本尊ですが、大日如来様(だいにちにょらい)の守護神のとして、

三宝荒神は、この土地を守り、

しずめ守るために鎮守社(ちんじゅしゃ)として建立された。

三宝荒神社が祀られているのは、清荒神の「護法堂」に祀られている。

ですから、荒神さんは神様なので、神社。

そのため近隣では、「荒神さん」と呼ばれて、

かまど神の一種としてここで受け取ったお札を台所の神棚に祀る習慣があります。

いったい寺なの?神社なの?と、思っていたが結果

清荒神には、寺に大日如来様それを守る神社に荒神さんがいてる。

日本では神仏習合があって、随分昔から寺院に神がまつられたり、

神社に神宮寺が建てられたりしていたようですね。

あ~これでスッキリ。

清荒神、寺なのに神様!?

先ほども紹介して三宝荒神ですが、清荒神の「護法堂」に祀られており、

三宝荒神は日本特有の神で、その強烈な威力を持つと言われています。

不浄を許さない厳しさを持つことから、

火で清浄が保たれる竈(かまど)に祀られ、かまどの神、火の神として知られます。

そのご利益は、火難除け、家内安全にとどまらず、

無病息災や商売繁盛、はては家計のやりくり

まで助けて下さいます。

ですから、関西でも有数なパワースポットと言われているのです。

特にお金にまつわるパワーがスゴイとか…

護法堂の裏には、ちょっと変わったお賽銭を入れたり棒で取ったりする木が

あるんです。知らないで通り過ぎないで下さいね!

お参りの仕方やご利益を確認しておきましょう。

よろしければどうぞ

     ↓↓
清荒神影向の榊とはご利益やお参りの仕方。場所も写真で紹介

清荒神寺の仏様

清澄寺のご本尊(ほんぞん)は、大日如来様(だいにちにょらい)で

大日とは「大いなる日輪」という意味です。

太陽を司る毘盧舎那如来がさらに進化した仏です。

この世の最高位の存在、根本仏とも言われています。

宇宙そのものを指しています。

また、すべての命あるものは大日如来から生まれたとされ、

釈迦如来も含めて他の仏は大日如来の化身と考えられています。

まとめ

・清澄寺のご本尊(ほんぞん)は、大日如来様(だいにちにょらい)で仏様である。
・大日如来様(だいにちにょらい)の守護神として、三宝荒神様が祀(まつ)られていている。
・神仏習合(しんぶつしゅうごう)は最近のものではなく、昔から寺院に神がまつられたり、
  神社に神宮寺が建てられていた。神様と仏様は一緒でもよい。
・三宝荒神は日本特有の神で、その強烈な威力を持つと言われ、
 お金にまつわるパワーは強いと言われている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。