あじさいアナベルピンク咲いた後に変化ドライフラワー何色?

あじさいのアナベルピンク色を購入したけど

咲き終わりのころを見計らって

ドライフラワーにしようかな?

でも今はピンクとグリーンが混ざった花色…

ドライフラワーにするには花色はグリーンになってしまうの!?

ピンクアナベルの特徴や、

ピンク色の変化について

またピンクアナベルのドライフラワーについて紹介

しています。

スポンサーリンク
  

あじさいアナベルピンクとは

ピンクアナベルといえば白色が代表的だがピンクアナベルもとても人気の高い

西洋あじさい品種です

特徴:ピンクアナベルは酸性やアルカリ性の濃度によって花色が変わる普通の
   
   アジサイとちがい土の影響は受けない

花:一つ一つが集まり手毬(てまり)のようになっている咲く

日光:ピンク花は白花のアナベルに比べるとやや性質が繊細な部分があるので

   真夏の直射日光には日よけをしてあげてください。

剪定:花の後8月の終わりごろまでには、新芽のついた節のすぐ上を剪定する

   ほかのアジサイとは異なり今年伸びた枝に花芽をつける

   1回目の開花で花が満開のときに花を剪定秋まで開花が楽しめます2番花

   以降などは花色が薄くなる傾向があります

冬越し:ラクなタイプで、室内に取り込む必要はありません落葉後は軒下に移

    動したり、寒冷紗をかぶせておけば安心

注意:乾燥しすぎると翌年の花が咲かないことがあります

開花期:6~7月 剪定により秋まで花が上がる

樹高:約1~1.5m

生長の早さ:白色に比べすごく遅い (0.2m/年)

育てやすさ:初心者にも超おすすめ、日陰に強く暑さ寒さにも強い

最終樹高:1.5m前後 耐寒性落葉低木

日照:日向~半日陰向き

植付け適期:2月~4月、7月~9月

植栽適地:北海道西部~沖縄

栽培用途:鉢植えや寄せ植え花壇

ピンクアナベルの種類

①ピンクのアナベル

ピンクのアナベルは清楚な雰囲気花色は薄いピンク

②ピンクアナベル ベラアナ(流通量は少ない)という品種もある

ベラアナの方はゴージャスで元気な印象花色がとても濃いピンク 花は大きく

なっても直径が25cmほどでピンクのアナベルより小さい少し濃い目の葉色

大きくなれば枝の長さも長くなって倒れやすくなってくるので支柱をした方

スポンサーリンク

が良い。

アジサイの害虫について紹介しています。
     ↓↓
アジサイのアナベル病気で枯れたの?これって害虫なの?

あじさいアナベル変化・ピンク色はどうなる?

日光に当たれば当たるほど濃いピンクになる特徴がある

蕾(つぼみ)のころ:ピンクアナベルは蕾のころはツブツブが集まったやや濃

         い色で赤色のビーズが集まったように見える

咲き始め:赤に近い濃いピンク

満開:鮮やかなピンク色になる

満開過ぎ:徐々に淡いピンクに変化白から緑っぽく変化

ドライにする頃:アンティーク調のピンク

あじさいの切り花長持ちさせ、ドライフラワーの方法を紹介しています。
     ↓↓
あじさいの切り花を長持ちさせるには!復活やドライフラワーの方法

花が綺麗に咲く時期って、虫が寄ってきて…

無農薬で、虫除けを作ってみませんか?詳しく紹介しています。
     ↓↓

虫除けに!植物に使える酢で手作り。重曹などで無農薬!

あじさいアナベルドライフラワーピンク色になる?

アナベルは色が変化していくアジサイですのでドライで使いたい色の際収穫し

ないと変化したままの色でドライになってしまいます。ですがピンク色の頃は

まだ水分が多くドライフラワーにするとしおれる可能性もありますのでピンク

色のドライフラワーは難しいです

ドライに最適な時期

咲き終わりの花がグリーンに色付いてきて花びらが肉厚になった時

花は多くの水分を含んでおり切り取るタイミングが早いと乾燥せずただ花が枯

れてしまいます

失敗しないコツ!

水分が抜けて枯れかけた8月下旬頃の花を使うのが良い

アジサイアナベルピンク簡単なドライフラワーの作り方

①花がちょっと水分が抜けたように感じたとき枝ごと切り取る

②アジサイの茎を割り、中の白いスポンジ状のものを掻き出す

 できるだけ大きく割るのがポイント 大きいバケツに水を入

 れて水あげをします

③1日たって花がピンとして 水があがったらさかさまにして 

 風通しの良い場所につるし、全体が乾くまで待ちます

④風通しのよい日陰で管理する

⑤2~3日して、花びらが肉厚な感触になったら完成。

あじさいについて、病気や害虫・挿し木やドライフラワーについてまとめています。

宜しければどうぞ。
     ↓↓
   アジサイ特集

まとめ

あじさいアナベルピンクは可愛らしく花の期間も長く

楽しめることが多いです また花の色の変化も知っていると

いまの状態が把握できて安心して眺めることができます

花の形が可愛らしいのでドライフラワーにして楽しみましょう

ピンク色でドライフラワーになればいいのですが…仕方ないですねっ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。