チューリップ球根の掘り上げ方。小さいものや、分球について

チューリップの球根、掘り上げる?

チューリップの球根が、小さい場合には

どうすればいい?知っておいた方が良いこととして

チューリップの球根を、掘り上げる前に花を切るタイミングや

着る時の注意は、とても重要です。

チューリップの花を切る手順や

注意すべきこと。

綺麗に咲いたチューリップは、

どのようにすれば、来年も咲いてくれるのでしょうか?

スポンサーリンク

チューリップの球根、掘り上げについて

赤や黄色・白色など綺麗に咲いたチューリップは

最近は、パステルカラーも多く出回って

春を代表する花となっている。

そんなチューリップの花を

翌年も楽しみたい場合には、球根を丁寧に堀り上げましょう。

でも、花が終わったらすぐ掘り上げる?

花が綺麗なうちに掘り上げる?どっち?

チューリップの球根を、掘り上げる前に

掘り上げる為の球根を、ある程度土の中で肥やしてから

掘り上げることが重要です。

なぜかと言うと、球根に栄養が残っていれば

来年も同様に花を咲かせてくれるから。

同じ花を咲かせたいと思うのでしたら、

まず、花を切ってしまうタイミングが重要

チューリップの球根を、掘り上げる前に花を切るタイミング!

一番良い時期は、花が咲いている時。

やっと花が咲いたな~綺麗だなって思う頃に

手でポキンと切ってしまいましょう。

なぜかと言うと、

花を取ってしまことで、花へ運ばれていた栄養が

花がなくなることで、球根に残るからです。

すなわち、花を摘むことで栄養が球根にまわるようになる。

花がない状態で育てる時間が、

長ければ長いほど球根が栄養を蓄えることができます。

切った花は、切り花として花瓶に楽しみましょう。

チューリップの花を切る手順

・花の少し下の茎のところで花全体を折ってとりましょう。

・手で茎をポキっと折る。ハサミを使いたいがウイルス病が、
  うつらないようにするため手を使いましょう。

・花びらが散ったら病気防止で必ず拾って下さい。

・花粉が葉に落ちないようにする。(葉がボトリチス病で早枯れしない為に)

・花摘み後も、葉が黄色く枯れるまで水やりをしましょう。
 茎や葉が黄色くしおれてくるのを待つ。葉が緑色をしている間は水やりをする。

・1週間に1回のペースで液体肥料を与えて、球根を大きくしていきましょう。

いよいよチューリップの球根の掘り起こしをしましょう。

チューリップの球根を、掘り上げる

いよいよ球根を掘り上げる、その前に!!

ためし掘りをしましょう。

スポンサーリンク

球根の外側がうす茶色になり始めていたら掘り上げのグッドタイミング。

この薄い茶色の皮は、球根を保護する役割があります。

もし、

球根が白い場合はもう少し待ってからにしましょう。

掘り起こすタイミング

遅くなりすぎると黒く変色して腐ってしまう原因となるため注意。

球根の周りに茶色の皮が出来ていたらOK.

球根同士をぶつけたり、落として傷をつけてしまうと来年

花芽が出ないことになりますから丁寧に掘り上げて下さい。

球根の上で茎をハサミでカットしまいます。

茎についている大きな球根の周りに小さな子どものように

くっついている球根を剥がし1つ1つ分けます。

球根は傷をつけないよう掘り取って、土を落とします。

大きな球根は開花するので秋まで保管します。

小さな球根は下記に紹介しています。

チューリップの球根が、小さい

球根があまりにも小さくなっているものは、

翌年花を咲かせることができないため捨ててしまいましょう。

球根が小さいということは、

栄養が少ない状態であると、判断できます。

再度球根を植える時に、栄養のない球根でしたら

花を咲かせるだけの栄養がないことで

ヒョロヒョロの茎で小さい花のチューリップが咲くでしょう。

もしくは、病害虫にすぐにやられて

花芽も出ずに腐ってしまうかもしれません。

チューリップの球根、分球

せっかくの球根、だめかもしれないけど

育ててみたいと思われるのでしたら、

小さな球根は開花しないが、球根を太らせるために

花壇の端っこに植えて葉を光合成させましょう。

この場合、品種改良した貴重な品種は、難しいですが

原種に近いものほど翌年咲かせることに成功します。

もし、丸く大きくなったのであれば秋に

鉢や花壇に植えてみると良いです。

我が家の場合、ほったらかしにしていた

球根が、いつの間にか立派な花を咲かせてくれて

感動したこともありますから、

試しに植えてみてはいかがでしょうか?

もし、安い球根を購入した場合に、花は咲くの?

球根について、おすすめの販売店など紹介しています。
     ↓↓
チューリップ球根の値段が安いと来年咲くの?販売店はどこ?

チューリップの球根を、掘り上げたあと毎年咲く?

一般的にチューリップは1年目はよく咲きますが2年目以降の球根は、

うまく肥大せず、植えなおしても花を咲かせるのは難しいです。

チューリップの球根の寿命は、2~3年ほど。

毎年、咲かせたいと思う場合には

球根を購入されることが確実となります。

また、掘り上げ後に、きちんとした方法で保存してあげなければ、

翌年芽が出るだけで花が咲かなくなってしまいます。

チューリップについて花言葉や球根の保管方法について詳しく紹介しています。
     ↓↓

チューリップの球根を食べる動物は?たったこれだけで撃退! 花壇に植えたチューリップが咲くころになると、何ものかに球根を食べられる。...

まとめ

・掘り上げる為の球根を、肥やしてから掘り上げることが重要。
・花を切るのは、咲いている時期に花の少し下の茎のところを、
 手でポキっと折る。
・花びらが散ったら病気防止で必ず拾う。
・花粉が葉に落ちないようにする。
・花摘み後も、葉枯れるまで水やりをする。
・1週間に1回のペースで液体肥料を与える。
・チューリップの球根の寿命は、2~3年ほど。
・毎年、確実に咲かせたい場合には、市販の購入が良い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。