お風呂場のパッキンに黒カビがでた!取れる掃除や予防方法

お風呂場のパッキンに黒カビが!

お風呂場のパッキンにでた黒カビに

カビキラーしても

1度は綺麗にとれたように見えるがなかなか取れない

すぐに復活…

なにか黒カビを取るコツってあるのか

黒カビを取るコツや

取ったあとの予防法の紹介

スポンサーリンク
  

お風呂場のパッキンに黒カビだけ取れないのはなぜ?

お風呂場はカビにとって楽園!

カビの繁殖が活発になる条件は以下の4つですが、これを見てもわかるように

まさにお風呂場はカビにとって最高の環境

カビが出来る条件

①温度20~30℃

②湿度65%以上

③皮脂や水垢などの栄養分

④酸素(カビ菌が活性化する)

なぜパッキンにしつこく黒カビがついて取れないの?

カビ菌は『菌糸』という植物の根のようなものを伸ばし増えていきます特に

パッキンは素材が柔らかくカビ菌が奥まで根を張りやすいのです

お風呂場の黒カビがパッキンにでた!掃除する方法

カビ取り剤の特徴と選び方

カビキラーでも落ちなかった黒カビには根を張ったカビや時間が経った頑固な

カビには、効果の高い塩素系がおすすめ

塩素系の特徴

・アルカリ性の液体

・色・柄物には向いていない

・除菌、漂白効果が特に高い

・プールのような塩素臭がある

・酸性の洗剤と混ぜると危険!

酸素系の特徴

・弱アルカリ性の粉末OK

・色・柄物にも使える

・塩素系よりも効果が落ちるが高い除菌、漂白効果あり

・臭いもなく、酸性の洗剤と混ぜてもOK

重曹やクエン酸など最近の流行があります洗浄効果は低いが日々の掃除で使用

するといいですし安くて安全です

カビ取り剤の効果を高めるために大事なポイント

①カビの表面を軽く洗剤で洗う

・カビ取り剤の浸透を良くするためにも表面のヌメリなどを取ってしまう

スポンサーリンク

②カビに水分が残ってない状態で洗剤をかける

・水分が残った状態でカビ取り剤をかけると水で薄まってしまうため、カビ取り

 剤をかける前に水分を拭き取る

③洗剤をカビに密着させラップする

・蒸発を防ぐために食品用ラップでカバーしてパックにする

・カビ取り剤を浸透させたキッチンペーパーでパックもおすすめ

④時間を置いて浸透させる

・効果が薄いようであれば時間を置くと綺麗にとれるが取れない場合はさらに時

  間を置く

・表面をゴシゴシこするのではなく、カビ取り剤を奥まで浸透させて死滅させ

  るのがカビ取りのコツ

・また、浸透させるためにカビ取り剤をカビに密着させるのも重要なポイント

《用意するもの》

浴室用カビキラー 無ければキッチンハイター・ドメストなどの塩素系漂白剤

キッチンペーパーかティッシュをパッキンと同じ幅に細く切ったものを、

パッキンの長さだけ用意

☆始める前に換気しておく 必ず換気はする!

ゴム手袋 か ビニール手袋を付けるマスクも着用

1,パッキン部に直接、洗剤を吹きつける

2,切ったキッチンペーパーを黒カビのパッキンの上にのせて貼り付けていく

3,貼りつけたペーパーの上から、もう一度洗剤の液体をつける

4,1時間ほど放置した後、ペーパーを取り除き 水で流す

お風呂場のパッキンへ黒カビができない掃除や再予防方法は?

①お風呂全員終了後、スクイージングするかゴムパッキン部分をタオルで拭く

②床から30㎝は石鹸カスなどが飛んでいる可能性がある為

 冷水シャワーで流しておく(カビのエサを除去する)

換気扇は常に付けて置き浴室内の乾燥をする

(カビが成長しやすい環境をはぶく)

④カビやすい場所には除菌専用スプレーをしましょう

「次亜鉛酸ナトリウム」がカビ菌を死滅させる作用があるアルコールでは多少

 はカビが減りますが、強い効果は得られない

 食品製造会社でも殺菌として次亜鉛酸ナトリウムを使用

⑤カビが生えたら早めにカビ取りを行う カビは胞子で増えるため

 放置するとどんどん増えるので早め早めの対策が必要

まとめ

黒カビを取るには、カビの根が深い場合には塩素系の洗剤を使用しましょう

また、黒カビを取るには洗剤が薄くならないよう水分を除去することや洗剤の

密着とラップによる湿布また時間を置くことで効果が高く成功率も高くなりま

す。黒カビが取れたら、再発防止するために環境を整えましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。