チューリップの球根を食べる動物は?たったこれだけで撃退!

毎年、花壇に植えたチューリップが咲くころになると、

何ものかに球根を食べられてしまいます。

いったいどんな動物なの?

食べられた!

と思っても以外に病気だったこともあります。

動物にかじられた場合

プラスティックのプランターの底や、

金網もくい破られます。

凶暴な小型の怪獣?と思ってしまいます。

球根を守るための対策を知れば

たったこれだけで?!簡単に撃退できます。

対策について、色々と紹介しています。

スポンサーリンク

チューリップの球根を食べる?

そもそもチューリップの球根は食べれるの?

食用とされている球根の種類もありますが、

苦くて、食用には向いていません。

ですが、小動物にとっては、

チューリップの球根を食べるようで、好物となるようです。

小動物の好物なら、仕方ないって思っていたら

じつは、病気ってこともあります。

チューリップの球根腐敗病とは

チューリップの球根がかじられたと思っていたら

何か違う…

球根が掘り返されていないことや

球根が埋まっていた土が、そのままな場合

球根腐敗病というのもあります。

地温が高い時期(約20℃以上)に植え付た場合に発病が多いです。

また、水不足は考えられませんか?

球根は、水がないと干からびて死んでしまい

まわりの皮と 頑張った後の根だけ残して消滅します。

いやいや、

やっぱり動物にチューリップの球根がかじられた?!

そんな方は次の項で紹介します↓↓

チューリップの球根を動物に食べられた!!

もう完全にチューリップの球根を動物に食べられたと

感じている場合、きっと考えられる動物は、

シカ、タヌキ、キツネ、ハクビシンネズミ、モグラ、ネズミ、カラス

ネズミ・モグラの場合

どこにでもいるネズミはチューリップ球根を好むので、

ネズミが考えられます。

また、ネズミは土を掘り起こしてなくて地中から球根をかじっています。

どうやってネズミが、球根をかじっているかというと

モグラが穴を掘って土の中に穴を掘ります。

その地中の穴を利用してネズミがチューリップの球根を食べているのです。

基本、モグラは肉食で、ほとんどミミズしか食べませんが、

モグラは水分の補給が出来なくなると植物の根や球根をかじります。

また、ネズミはプランターを食い破ってしまいます。

スゴイ破壊力ですよね。

キツネの場合

また、キツネも球根を掘り返します。

カラスの場合

カラスが球根を食べる?って思いますが、

食べてなくて、イタズラをしています。

カラスは人間がすることを、よく見ていて

スポンサーリンク

根を張っていないチューリップをスポンって抜いてしまうようです。

ハクビシンの場合

ハクビシンは都会にも生息していて問題になっています。

このハクビシンもチューリップの球根を食べます。

掘り起こした物を食べなくてもその球根に集まってきた

ミミズ等を食べますので、球根が掘り起こされます。

とにかく色んな動物がチューリップの球根を狙っていますね。

どうすれば、球根を守れるのでしょうか?

次に紹介するのは、この動物から守る方法や撃退方法です。

チューリップの球根を守る!撃退方法

有毒植物を植えて撃退

花壇の周りにスイセンや彼岸花系の有毒植物を植えられてはいかがですか?

よく、田んぼなどの周りに彼岸花が植えてありますよね、

理由は、モグラに穴をあけさせないためです。

このように、チューリップの周囲にスイセンなどを

混植するのが、簡単に被害を防ぐ手立てとなっています。

たったこれだけで、たいていの小動物から球根を守れます。

スイセンは綺麗ですし、お手軽ですよね。

いやいや、

もう、とっくにしているよ!

スイセンを植えてもダメということでは次に紹介するのは「土」

土に石灰窒素をまいて撃退

土に石灰窒素をまいておきましょう。

石灰窒素をまいて、スイセンも合わせて植えておけば

「エサ場」だと思われなくなるかもしれません。

また、

石灰窒素はネズミが嫌がるため防除にも効果が

あるといわれています。

石灰窒素とは弱アルカリ性の窒素肥料のことで

石灰と窒素肥料を合わせたような効果があります。

これでも、ダメ?

土に木酢液をまいて撃退

木酢液(もくさくえき)とは、

木材や竹等の植物原料から煙の成分から作られた

燻臭のする水溶液のこと。ホームセンターなどで売っています。

この木酢液500~1000倍に薄めて定期的に散布しましょう。

木酢液を散布すると、虫やネズミなどが近寄らなくなります。

木酢液の臭いが本能的に火を連想させるので

小動物や昆虫が逃げていくといわれています。

では次にネズミがやってくる原因であるモグラの穴(道)について。

モグラの穴または、道をみつけて撃退

チューリップの球根を植えている周囲の土を、

良く観察してみて下さい。

土がもり上がっていませんか?

探してみるとモグラの穴を発見することが出来ることもあります。

この場合、穴や土のもり上がりはすぐに踏んで潰します。

またすぐに、掘ってきますので忌避剤等を買いにいきましょう。

いやいや、土からじゃなくて

地上から動物がやってくる?

その場合には、球根を守るネットはいかがですか?

防御ネットで囲む・防鳥糸で撃退

防御としては柵をして防御ネットで囲むことです。

イノシシネットが丈夫なので試してみてはどうですか?

また、カラスのいたずらを防ぐには

支柱を2本立てて防鳥糸を横に張っておくと、

飛んで来て引っ掛かりますが羽が傷むのが怖くて二度と来なくなります。

まとめ

●球根をかじる動物として考えられるのは、
 シカ、タヌキ、キツネ、ハクビシンネズミ、モグラ、ネズミ、カラス

●撃退方法として
・有毒植物を植える。
・土に木酢液石または灰窒素ををまく。
・モグラの穴または、道を踏んで潰す。忌避剤等で撃退。
・防御ネットで囲む・防鳥糸の使用。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。