チューリップの球根には毒が!犬や猫が食べるとどうなるの?

チューリップの球根には食用もあるようですが、

たいていのものは、毒があります。

そんなチューリップの球根を

植え付けの時や、掘り返して保存しようとする時

犬が食べてしまう危険があります。

また自宅に飾っているチューリップの葉を

猫がかじってしまう危険も…

生活の中で、あらゆる危険がありますが

飼い主として知っておきたい危険性について

また、

食べた場合の症状などについても紹介しています。

スポンサーリンク

チューリップの球根って毒があるの?

チューリップの球根って、毒があるって聞いたけど

食べることが出来る球根も日本には

あるそうです。高級料亭では食用の球根を

出しているそうですが、

一般的には観賞用の球根が多く販売されています。

また限られた品種ですが、

オランダでは製菓材料に使われるそうです。

もし、人間がチューリップの球根を誤って食べた場合は、大量に食べない限りは

消化器症状などの比較的軽度の中毒症でおさまるといわれています。

チューリップの毒

毒のある部位:全草、特に球根

有毒成分には、チューリッピン

     全草に、ツリピン

     球根に、ツリパリンA

人間である私達もチューリップの球根に触る機会

が多いのですが、傷がついた球根などは素手で触らないようにしましょう。

触れただけで皮ふに炎症を起こすアレルギー症状などが起きるようです。

ヨーロッパなどで、チューリップの花を扱う業者の人の間では、

Tulip Fingerとよばれる 皮膚炎が問題になっており、

球根にある、ツリパリンという毒によって起きたと考えられます。

チューリップをたくさん栽培される時などは、

手袋を使用した方が良いでしょう。

チューリップの球根が動物に食べられることありませんか?

簡単に出来る撃退方法を紹介しています。
     ↓↓
チューリップの球根を食べる動物は?たったこれだけで撃退!

チューリップの球根、犬が食べた場合

チューリップの花には、チューリッピンという心臓毒があります。
 
食べると、血圧低下、嘔吐、呼吸困難を起こします。
 
チューリップの葉っぱや茎にもツリピンという心臓毒があります。
 
また、球根にはツリピンの他に、ツリパリンAという毒があるため

これを犬猫が誤食した場合、ヒトとは異なる重篤な中毒症状が出て、

最悪の場合死に至ることもあります。

球根を、置いていなければ大丈夫と安心していてはいけません。

好奇心旺盛な犬の場合には

球根を掘り返してしまいますし、

スポンサーリンク

食事制限をした犬なら、普段の食事に満足せず、

お腹がすいて食べてしまいます。

私の知り合いの犬は、ごみ袋を食べてしまいました。

人間とは違って味がなくても食べてしまう危険が動物にはあります。

チューリップの球根を保存するにはオススメの方法を紹介しています。
     ↓↓
チューリップの球根を保存するのに冷蔵庫がいい?保存期間は

チューリップの、球根を食べた犬の症状は?

中毒症状:嘔吐、下痢、心臓マヒ

とにかく体が、受け付けずに嘔吐を繰り返す。

チューリップの球根は、体から出てしまった方が良いので、

間違って吐き気を止める薬など

飲ませないようにしましょう。

とにかく急いで獣医さんへ診てもらいましょう。

下痢

こちらも同様に、消化器症状の一つです。

体が毒を出そうと消化不良を起こしているのです。

脱水症状になってしまうので水分補給が大切です。

心臓マヒ

中毒の重篤な症状。

意識がなく、ぐったりとしています。急いで病院へ。

とにかく、どの症状が軽くても急いで獣医に診てもらうことが必要です。

チューリップの球根、猫が食べた場合

猫を自宅で飼っている方も注意して下さい。

犬のように、外で飼うことがないので球根に触れる機会がないから

大丈夫だと安心していてはいけません。

春になると切り花を部屋で飾ること多いですよね。

愛猫は、花びんの横をスルリと上手に通り抜けます。

そんな時、葉っぱや花をかじってしまうことありませんか?

チューリップの横をギリギリで通り抜ける時

花粉が付いてしまう可能性もあります。

そして、

チューリップの花の花粉は、もともと腎臓の弱い猫には

花粉の成分を体で分解できず

腎機能が悪化することになります。

症状は、腎臓の機能不全から尿毒症に係るケースが多くなる。

症状

・水をよく飲み、頻尿になる
・食欲がない
・嘔吐や下痢
・元気消失
・けいれん意識の混濁や痙攣などの神経障害
・尿が出ないことで体が浮腫む
・おしっこの臭いがあまりしなくなる

などがあり、もちろん食べた量が多いと重篤な症状になります。

ですから、家の中にチューリップを置くのは危険です。

もともと猫は柑橘系が苦手といいますが

我が家のネコは、みかんを手で転がしながら遊んでいましたので

どんなものでも、絶対に触らない・触れない・かじらないとは限りません。

腎臓が悪くて、腎臓病食を食べている猫ちゃんがいるなら

部屋だけでなく、飼い主の洋服についた花粉にも注意してあげて下さいね。

チューリップについて掘り返して保存、掘り上げ、分球、花言葉や球根が安いと…

など、詳しく紹介しています。
     ↓↓

チューリップの球根を食べる動物は?たったこれだけで撃退! 花壇に植えたチューリップが咲くころになると、何ものかに球根を食べられる。...

まとめ

・チューリップの毒のある部位:全草、特に球根
         有毒成分:花には、チューリッピン
              全草に、ツリピン
              球根に、ツリパリンA
・犬がチューリップの球根を食べた場合
 中毒症状:嘔吐、下痢、心臓マヒ

・猫がチューリップを食べた場合
 腎臓の機能不全から尿毒症に係る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。