チューリップの球根にカビ!花瓶も?消毒と3つのポイント。

チューリップを植えようとしたら球根に、カビ?

このまま植えたらどうなる?芽は出る?

綺麗に花は咲くのかな?

また、最近はチューリップの球根を

花瓶で育てて楽しむ方法を、

知っていますか?

花瓶でも、注意しなければ球根にカビが生えるので

詳しく紹介します。

実際に筆者もチューリップを花瓶で

育ててみましたのでお伝えします。

スポンサーリンク

チューリップの球根にカビが…

チューリップの球根を植えようと思って、

取り出したらほとんどの球根に、

カビが生えていたってことがあります。

もうショックで…とっても、残念ですよね。

いったいこのチューリップの球根に何がおこったの?

それは、アオかび病です。

チューリップの球根につく、アオかび病とは

アオかび病という名前は、カビの胞子の色が肉眼で、

青みを帯びた水色であることからついた名前です。

必ずしも、すべての青カビが青いというわけではなく

白や緑がかった色のものも見られ、

言葉で呼んでもイメージがわきません。

いったいどんなもの?って思いました?

ズバリ!

みかんに出来てしまうカビが、青カビになります。

あ~アレか~!

って思うが方が多いはず。

このカビの特徴として初めは、寒い時期に出来はじめますが

少し暖かくなると急激に増殖し始めます。

みかんの箱の中で、1個みつけたらすぐに捨てないと

増殖してどんどん腐ってきます。あの感じと似ていますよね。

ですから、球根の青カビも広がらない内に、捨てましょう。

チューリップの球根にカビがあった場合に、植えるとどうなる?

まず球根全体を押してみて、ブヨブヨしていませんか?

ブヨブヨの場合には、おそらく中も腐っていますので

土に植えても、芽が出ずにダメになるでしょう。

ですが、そこまで悪くなっていない。

ちょっと球根に青カビが付いている程度であれば

芽が出る出ないは、球根の状態にもよります

植えて見ないと発芽するかわかりません。

ですが、ここで注意!!

土に病菌が残るので試すのでしたら、別に植えましょう。

でないと、正常な球根もカビが移ってしまいますからね。

チューリップの球根にカビができない保管は?

保管の仕方は、天日干しではなく数日影干しにして、

ビニール袋ではなく網目の袋などに入れておくのが良いです。

カビは、湿度・温度・栄養(球根)で

どんどん増えますから、

カビが付かない様にするには通気性が大切。

スポンサーリンク

一番いけないのはビニール袋に保管です。

私がオススメするチューリップの保管方法なら、

ほぼカビは付きにくく、早い開花と長く楽しめますよ!

よろしければ詳しく紹介しています。
     ↓↓
チューリップの球根を保存するのに冷蔵庫がいい?保存期間は

チューリップの球根、花瓶にもカビが…

球根を水耕栽培専用の容器を使わずに、

花瓶で育てる方法が流行していますよね。

この場合に、よく球根にカビが出来てしまいます。

どうすれば、良いのかというと次に紹介しています。

チューリップの球根、水耕栽培(花瓶)でカビさせない方法

POINT・1

水耕栽培をするときにチューリップについている

茶色の薄い皮をめくって捨てましょう。

この薄皮は、球根を守る役割があるのですが

水についてしまうと柔らかくなってベチョっとしてしまい

カビの原因となってしまうのです。

ですから、ちょっと裸で寒そうですが、

チューリップの球根は綺麗に薄皮をむいて

真っ白な状態で、球根の根がでる部分のみ水に浸るようにします。

POINT・2

次に球根から、根が出てきたら

根の先にだけ水が付くように、水の量を調整してください。

間違っても球根を水に浸けるのではありません。

あくまでも、根の先端に水がつくようにします。

根全体が、水に浸かると息が出来ないので

しつこいですが、根の先端に水をつけましょう。

こうすることで、根は水が欲しくて

どんどんと根を伸ばしていくでしょう。

POINT3

根がでてきたら、水を毎日綺麗なものに変えましょう。

また、花びんがぬるっとしていたら、洗剤で洗って下さい。

球根自体もヌルっとします。

この場合には、手で優しく表面を洗い流しましょう。

このようにすることで、大切な球根にもカビが生えずに育ちます。

もし、球根を安く購入していたら、

もしかして、来年咲くのか心配ですよね。

詳しく紹介していますので、宜しければどうぞ。
     ↓↓
チューリップ球根の値段が安いと来年咲くの?販売店はどこ?

チューリップの球根、消毒してカビを防ぐ

青カビを防ぐために球根を掘り上げ時や植えつけ前に、

チューリップの球根の土を綺麗に落としてから

オーソサイド水和剤80の1000倍液に漬けると、

カビを防ぐのに有効(ホームセンターで売っています)ですが、

すでに青カビの出ているものはこの、薬剤に漬けてもダメです。

チューリップについて、掘り上げや花言葉、球根をかじる動物の撃退について、

球根の分球についてなど、紹介してます。

よろしければどうぞ。
     ↓↓
チューリップ特集

まとめ

・球根に青カビが少しであれば、芽が出る出ないは球根の状態にもよる。
・POINT・1 球根の薄皮をめくる。
・POINT・2 球根に根の先端に水が付くようにする。
・POINT・3 水を毎日綺麗なものに変え花瓶や球根もヌルっとしたら洗う。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。