ハワイ旅行の服装男性と女性。1月とドレスコード何がいる?

ハワイへ行く服装って何がいい?

常夏だってことは、分かっていても実際に行ってみたら

なんか自分だけ浮いていた?なんてことに、ならないよう

ある程度は、知りたい。

男性と女性の服装をお伝えしています。

また、ハワイにもある冬場って、どんな感じ?

1月のハワイについても、どんな感じだったのか

ハワイ旅行の服装で、

1月に女性と男性に必要なものも紹介。

また、ドレスコードのある店に家族で行った服装、

観光した時のビーチでの写真や、

レストランでの写真など撮ってますので

ハワイ旅行の服装を詰める前に参考に、してください。

スポンサーリンク

ハワイ旅行の服装、男性

若い方~シニアまでほぼ短パンにTシャツで間違いありません。

ほぼ半数近くは短パンで過ごしています。

サーファー風の方は、ランニングに水着の短パン、ビーチサンダル

Gパンやスラックスにアロハシャツでサンダル。

他にはTシャツの上にジャケットを羽織るように

シャツを重ね着などで過ごしています。

お土産に、どうせTシャツを買うのですから、

短パンや長いパンツを持参してハワイでTシャツを購入している方が多いように感じます。

主人は毎回、短パンと長めのパンツにチノパンを履いて行きます。

チノパンならポロシャツに合うし、レストランによっては

ドレスコードのある店があるので一応ですが持参しています。

ハワイで、調達するのにシャツなどは、だいたいLサイズでOKなのですが、

パンツは、裾上げやウエストが合う物がなかなかなくて毎回

短パンばかり買っています(笑)

(ドレスコードの体験は↓のちほど紹介しています。)

ハワイ旅行の服装女性

女性の場合には、ワンピースが便利だと思いますが、

なぜか自分も含めて日本人や韓国人女性の観光客に、多く見かけました。

悪いわけじゃありませんが、あきらかに分かってしまうのも

犯罪が多い地域では避けたいです。

観光客の多くは

Tシャツ、ブラウス、重ね着などにスカートやパンツ

を合わせる方が多くてラフな感じですよ。

あまり、ハワイだから張り切ったよ!といった服装はいません。

現地の女性の方は、フィットネスで履いているようなピタっとしたパンツ

柄物のTシャツでサングラスのスタイルが多く感じます。

私のような日本人観光客は、きれい目のシャツにGパンやワンピ―スが多く

お互いに日本人だな~って分かります。

じゃいったい何を着れば?って思いますよね、

日本の夏と同様に、お店に買い物に行けるぐらいの服装であれば問題ない

これが私がハワイに行った感想です。

ハワイ旅行服装、1月

ハワイ旅行の服装1月に女性に必要なもの

1月のハワイは、初めて行ったので、どんな感じかな~って心配していました。

空港に着いたとき、クーラーが効いていて実感なかったのですが

ジワジワと暑さを感じます。日差しは十分日焼けするレベルでしたので

日焼け止めや、UVパーカーは必須アイテム

ほぼ 日本の真夏と同様の服装を、準備して間違いありません。

ですが、今回1番ちがったことは

海やプ―ルから上がったら激寒だったこと。

また、夜にトロリーバスに乗った時、いつも風に吹かれて気持ちいい~のですが

ん?なんか少し肌寒いと感じました。

ですから、

畳んでも手のひらサイズになるくらい薄いカーディガンが大活躍でした。

スポンサーリンク

私は、夜のトロリーとレストランでの食事には

この薄手のカーディガンが必要でした~。

ハワイ旅行の服装1月に男性に必要なもの

主人は、1枚もカーディガンらしきものを持参しませんでしたが

まったく、寒いと感じなかったそうです。

結果、主人は機内で着ていたトレーナー以外に

上着や長袖のシャツなど持参しませんでしたが

ですがやはり1月ですね、

町で見かけた男性は、

夜や早朝にはパーカーや衿がついたシャツを上から羽織っている姿を

良く見かけましたし、それなりに準備しているのだな~って感じます。

現地の方も、長袖のTシャツを着ていました。

下の写真は↓↓1月にホテルのレストランで食事をしたものです。

↓の写真は、1月にフラダンスをビーチで見学した時のものです。

ハワイでドレスコードのあったレストラン

夜のバイキングで予約した店が、ドレスコードがあって、

出発前に日本で、知っていたのであらかじめ用意していきました。

どんな感じ?ってドキドキしたら

以外に、みんなラフな感じでしたが女性はカーディガンなど

肌の露出を避けています。

男性は衿が付いたもので、アロハシャツ(ハワイでは正装)や、

無地の襟付きシャツや、柄物、ポロシャツ。そして長いパンツです。

靴は、皆さん足先が隠れる靴でしたので、当たり前ですが

さすがにサンダルはいません。

子供達は、ハワイではビーチサンダルで過ごしていましたので

この時のためだけに靴を持参するのは…。

そう思って、もう捨てていい靴で、まだ綺麗な靴にしました。

(実際には、少し前からこの日の為にある程度履いた段階で収納していました。)

だって、帰りの飛行機で少しでも荷物を軽くしたいから…

食事が終わればポイしました。

完璧なドレスコードを求めるお店ではなかったので

みんな同じような服装でした。

私は肩が隠れるワンピースにパンプスで行きました。

男性のアロハシャツがハワイで正装であるように、

女性はムームーを着ている人もいて、

現地で購入すれば着ていくのもアリだと学びました。

ハワイでは、高級なものばかりではなくアウトレットやFOREVER21など

安く手に入るお店がたくさんありますから持参しなくても大丈夫!って

思いました。ですが先ほども紹介した通り靴は、

サイズや子供達が気に入ったものがないなどモタモタしたので、

準備しておいてよかったし、慌てなくてすむと思いました。

まとめ

・男性は若い方からシニアまで短パンとTシャツが多い。女性は日本と同じ服装で十分。
・女性なら1月のハワイに、夜のトロリーとレストランでの食事には薄いカーディガンが必要。
・男性なら1月のハワイに長袖かパーカーなど1枚あった方が便利。
・ドレスコードのお店の場合に備えて準備しなくても現地調達できるが、
 男性のパンツや、全員の靴は準備した方が慌てなくてすむと思った。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。