味噌手作り体験ブログ。材料セット購入せず!失敗しながらも…

味噌造りの体験を昨年教えてもらったので

今回は、一人でやってみようと挑戦!

作り方を思い出しながら、写真を撮りながら

やってみたら、さっそく失敗をやらかす。

もっと、容器はこれが良かったとか、

作る前にしておくことや、反省が一杯。

アタフタしながらも、素人の私でも完成させた

手作り味噌の仕込みを、順番に紹介します。

皆さんも、初心者が失敗する過程を参考に

手作り味噌の参考になさって下さい。

スポンサーリンク

味噌を手作り体験してみた~

1⃣大豆を水に浸ける。

届いた大豆は1Kg 一番大きいボールに大豆をザーっといれました。

ハイ

ここで私は、さっそく失敗。

マメの3倍量の水に含ませるって書いていたのに。

ボールがそんなに大きくない!!しくじった。

仕方ないのでそのまま使用。

ボールは、この後も使うので大きいボールが必要です!

しかも650gの大豆を使用する予定だったのに…1キロ入れてしまった。

結果、あとで水分を含んだ大豆をコップですくって半分に分けて…

計りなおして、余計な手間がかかった。

残ったマメは調理して今晩のおかずとなりました。

また、水を含ませる前に大豆の量は計りましょう

2⃣大豆を蒸す

昨年は、大豆を煮て柔らかくしましたが、

今回大豆を蒸してみました~。

昨年のお味噌は大好評だったのですが、さらに美味しさを求めて

蒸し大豆でお味噌に挑戦して見ます。

布巾に水を含んだ大豆を包み蒸すこと2時間、そして蒸らすこと1時間。

大豆が2本の指でべちゃっと潰れるまで…。なかなか潰れません。

さらに、もう一度このまま1時間蒸して余熱で1時間放置してみます。

え?まだまだ。大豆が多く布巾に包むことで火が通りにくいようです。

あきらめて鍋をバスタオルでくるんで保温します。

翌日、再度火を入れて蒸します。こんなことを繰り返しましたが

なかなか大豆が柔らかくなりません。

結果、少しの煮汁で炊くとあっという間に柔らかくなりました。

ようやく、指2本で潰れる硬さになりました。

煮ると味が薄くなりますが、蒸した大豆は栗のように甘さがでて美味しい

味噌作りにもイイと聞いたので、楽しみ♪

味噌の手作りには、

一度に大豆を蒸すと時間がかかるので、多い時は数回分けて蒸しましょう。

味噌手作りを、ブログで紹介

3⃣フードプロセッサーで、細かく潰します。

粒が残る位がお気に入りなので粗目にして終了。

30秒ほどで完成。

4⃣麹と塩を混ぜて行きます。

ここでも、もっと広いボールだと混ぜやすいですね。

均等に混ざるよう、しっかりと混ぜておきます。

5⃣フードプロセッサーから取り出した大豆と4⃣を混ぜて行きます。

大豆は、熱いと麹が死ぬので人肌まで温度を冷ましてから混ぜます。

そして、しっかりと混ざったら丸めて、ボール状にしていく。

6⃣しっかりと洗った、味噌を作る容器の中を

熱湯を掛けて乾燥させ、アルコールまたは焼酎で拭いておきます。

雑菌を極力繁殖させないように

スポンサーリンク

7⃣丸めた味噌玉を、容器に投げるように詰めて行きます。

一段敷き詰めては、げんこつでパンパン叩いて平にします。

また味噌玉を、容器に投げつけるように敷き詰めます。

一段入れたらグ―で上から押して行きます。

また上にどんどん味噌玉を重ねて同じく叩いて行きます。

8⃣表面を平に、ならしたら余った焼酎やアルコールで表面を軽く拭きます。

次に表面に塩をまぶします。これらは、カビを防ぐ為に行います。

乾燥した唐がらし(カビ予防)を並べてラップをして空気を遮断しておきます。

重しを載せたら完成。

家の中で一番寒くて、日の当たらない場所に保管します。

後は、今年の秋を待つだけです。

味噌を手作りする為、セットじゃなくても揃う

味噌の手作りって、大豆と塩と麹、そして容器があれば出来るって、

聞いていました。昨年も、味噌作りを教えてもらった時、

近くのスーパーで材料を購入して、麹だけはネット通販で注文しました。

麹は、どこで注文したかというと、

昨年と同じ美味しさを求めていましたから、

同じお店、マルカワみその商品は「国産原料、オーガニック、無添加の原料を使用する」

添加物などを一切使用していないのが基本方針だから安心。

有機玄米麹 1000g 1,512 円 ※税込み・クール便(+360円) これを1つ

賞味期限3週間  原材料は、国産有機米 ・平成29年度 秋田県産
     ↓↓

この麹は、人気なので2月後半に注文しようと、ネットで見たら

売り切れとなっていました。ですが、しばらくすると

注文できるようになっていましたので、売り切れの際には

少し待つとイイですよ。それぐらい美味しい玄米生麹なのです。

塩は、スーパーでちょっと高めの物を購入しました。

精製した塩より、粗塩のほうがお味噌に合うと聞いてます。

来年は塩にもこだわってみたいな~。

追記>>1年後に開封したお味噌はコチラ
     ↓ ↓ ↓

その味は、衝撃の美味しさです!

何と表現したら良いのか…大豆そのものの自然の甘さがあって 

市販の無添加味噌とは全く味が違います。

あぁこれが本来の味噌の味なんだって感動しますよ。家族みんな喜んでものすごい勢いで消費しています♪

みなさんにも是非おすすめ~!!

ちなみに我が家は豚汁が大好き♪よろしければどうぞ。
     ↓ ↓ ↓
豚汁の具材に豆腐は入れる?地域によるものは?キャベツも?

まとめ

・味噌を手作りする為、材料はセットじゃなくても揃う。
・大豆を水に浸ける時や、麹と大豆を混ぜる際に使うので大きいボールが必要。
・一度に大豆を蒸すと時間がかかるので、多い時は数回分けて蒸すといい。
・マルカワ味噌の、有機玄米麹 (生)1000g 1,512 円が美味しい。
・精製した塩より、粗塩などの方がお味噌に合う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。