カラスウリの花画像と開花時間。英語で何?季語は実と花で2つ

待望のカラスウリの花が咲きました。

夜にひっそりと咲くカラスウリの花を見ようと

夜な夜な懐中電灯を持って、写真を撮りました。

どんな風に咲いたのか?

カラスウリの花、開花時間は?

カラスウリの花の画像は?

カラスウリの花は俳句の季語にも

なっていて、実と花のでは季語の季節も違います。

また、カラスウリは英語では何という?

どんな花だったのか画像とともに

紹介しています。

スポンサーリンク

カラスウリの花画像と開花時間

カラスウリの花を見たことがない私は、

母から画像を見せてもらいました。

今まで見たことがない!なんて変わった花なんだろう。

しかも夜になると、カラスウリの花は咲く?

へぇ~っ、そんな花があるんだ…と、ビックリしました。

そして暑い夏の夕方、そろそろ咲くので?と聞いて駆けつけました。

カラスウリの花画像です↓↓ まだ蕾(つぼみ)

このカラスウリの花のつぼみから…あんな花が咲く?

とっても可愛らしいカラスウリの花蕾です。

夏のセミの声が聞こえなくなってきた頃、いよいよ日没時間。

そろそろかな~って思って見に行くと、

カラスウリの花はまだまだ蕾。

時間は、18時10分周囲は少し薄暗い。

カラスウリの蕾の先端が割れてきています。

割れたところから、細かい糸が少し見えてきている!

段々と、この蕾は割れていって完全に星のような型に開いていきます。

どうやって、あのヒラヒラしたものが収納されているの?

18時20分には、5角形の星型だったカラスウリの花蕾は

完全に糸みたいなものを開こうと、少しずつ広がって行きます。

18時23分

五角形のカラスウリの花びらから、糸がほぐれて

糸のかたまりが付いているかの様!

ここからは一気に、広がるのが早く感じます。

カラスウリの花全体が、確認できるので、もう糸くずではありません

完全にカラスウリの花画像・開いた状態がコチラです。
     ↓↓

スポンサーリンク

どうですか?綺麗ですよね~。

もう糸くずなんて言えません。

花は夕方から夜にかけてひっそりと咲くのですが、

咲いているこの姿は、ホント神秘的です。

糸くず?!そう言った自分が恥ずかしい。

実際に見てみると、そんな表現はダメです。

こんなに素敵な花の姿を見れるなんて、なんて素敵なんでしょう。

花びらの先が割けて美しい糸が重なりどんどんと伸びています。

まるで、美しいレースです。

蕾から大体30分程で、ゆっくりとカラスウリの花は咲いていきました。

カラスウリの花を嗅いでみると、かすかにウリの匂いがします。

きっとこの、香りで虫たちが寄ってくるのでしょう。

夏の夜限定であるカラスウリの白い花姿は、朝になるとしぼんでしまいます。

しかも太陽を避けるように、夜明け前にそっと閉じてしまう。

なんて神秘的な花!皆さんも是非、実物を見て頂きたいです。

カラスウリの花と画像・英語でなんと呼ぶ?

カラスウリは英語で『Japanese snake gourd』

ウリ科のことを英語でgourdと言います。また、カラスウリは、

ひげを伸ばしていく様子から蛇(snake)のように他の植物に絡みつく植物。

カラスウリの英名は、原産が日本であることから、Japanese snake gourdとなっています。

カラスウリの属名の学名Trichosanthes:トリコサンセスは、

ギリシア語のthrix(毛)とanthos(花)が語源.

花冠の先が細かく裂けて糸状になることから名づけられました。

カラスウリの花で特徴的な糸がもじゃもじゃと、

細かくなっていることを示しています。

カラスウリの花と画像・季語は何?

俳句では烏瓜(からすうり)が秋の季語、

烏瓜の花(からすうりのはな)が夏の季語です。

分類はウリ科で、カラスウリ属。つる性多年草の花です。

カラスウリは、林の中やヤブの中、野山にもよく咲いていています。

つる性の植物で巻きひげがあり、このヒゲで草にからみついてどんどんと育って行きます。

とっても強い植物で大きさは3~5メートルまで育ちます。

カラスウリの花は、

夏場の薄暗い時間から咲き始め、

美しいレースのような花の姿を見せるが夜明けまでにはしぼんで完全に縮む。

花期は、8月・9月の一月ほど。

ですからカラスウリの花の季語は夏なのです。

カラスウリの和名は、烏瓜:からすうりで花が咲き終わると実がなります。

この実は、初めは緑色の卵型なのですが熟していくにつれて

段々と濃いいオレンジになって行きます。

このカラスウリという名前の由来には、色々な説があり

唐から輸入された唐朱瓜の、朱赤色に似ているという説。

また、カラスウリの実が、枝にいつまでも残ってカラスの食べ残しに見えたことから

ついたという説などがあります。

このカラスウリ花の実は、10月から11月です。

ですからカラスウリ花の実の季語は秋

実の中にある種は、「打ち出の小槌」に似ていることから縁起が良いと言われ

お財布に入れておくといいそうです。

漢方では、根を通経(月経を起こさせる)・利尿剤(尿を多く出す)ことに使われ、

種子を鎮咳剤(咳を鎮める)ことに使うようです。

まとめ

・蕾から大体30分程で、ゆっくりとカラスウリの花は咲いていく。
・花は夕方から夜にかけてひっそりと咲く。
・カラスウリは英名Japanese snake gourd。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。