白いタオルがピンク色?になるのはカビ?予防と対処方法

ジメジメした季節がやってきました

毎日洗濯をしていて洗濯用の漂白剤も

入れているのに

いつもの白いタオルがピンク色に

なってしまい、なかなか白くなってくれません

タオルをしぼるとヌルっとして

なんかしぼりにくい!?臭いも…

黒色じゃなくてピンク色だけど、

これってカビなの?

ピンク色になったタオルの予防法

対処方法では、ひょうはく剤の使い方や

選び方を紹介します

スポンサーリンク
  

白いタオルがピンク色?これってカビ?

通称「赤カビ」という、「ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌(こうぼきん)が増

えているからですタオルはぬれたままの状態が続くと、菌が増えやすくなり

ますピンクの色素を出す酵母菌がふえたことでピンク色になったと考えられ
ます

あたたかく湿った場所を好み、水さえあればすぐに増えます。直接口に入ると

体へ悪い影響もあります。またタオルをしぼるとヌメっとするのは菌が増えて

いるからです!

赤カビが発生する条件には

湿度

・梅雨の季節などにより空気中に水分をふくんだ空気がある

・タオルは汗を拭いて湿ってしまいます

・タオルを洗濯した後、タオルが乾くまで水分をふくんでいます

・タオルやせんたく物の周囲は湿った部屋となっている

温度

・梅雨の季節などで暑すぎず生あたたかい気温

・体温により洗濯ものが生あたたかい

汚れ

・汗をかく

・身体から出ている皮脂

酸素

・常にある空気

特に赤カビの大好きな皮脂はせんたくでしっかりと落としたいですが、どうしてもタオルなどに残っているのだと思います

白いタオルがピンク色にならないように予防する方法

酵母菌はどこにでもある菌です。菌が繁殖しないようにすることが大切

①タオルを使ったら、タオルは風通しのよい場所で広げてハンガーに干し
 て乾かす

②タオルが乾いたら通気性のいい洗濯カゴに入れれる

・しめったタオルを乾かさずにぬれたまま長時間おいておくことで赤カビが増
 えます

・ぬれたまま丸めて、せんたくカゴに入れたりせんたく機の中へ入れてから洗

 たくすると中途はんぱに乾いた状態で空気に触れており赤カビが発生します

・赤カビが発生すると洗濯をしても菌は死なないし、臭いもとれません

白いタオルがピンク色になってしまった時の対処方法

タオルに付いたピンクの色と臭いを取るには

スポンサーリンク

①一度ピンク色のタオルを普通にせんたくをします

酸素系漂白剤(さんそけいひょうはくざい)で市販の物ではワイドハイ

 ター粉タイプやカラーブライトなどを用意する

③バケツに50℃のお湯を入れる(水温が下がらないようにたっぷりの湯を使

 うためバケツなどの大きい容器がよい)

③お湯に粉末タイプの酸素系漂白剤を、しみ抜きの分量目安だけ溶かしピ

ンクのタオルを入れ1~2時間つけ置きする

酸素系漂白剤は水温40℃以下で使用すると、ほとんど漂白効果が得られ
 ません!

・漂白・除菌され臭いもなくなって、きれいになります

赤カビは漂白剤に浸け置きすれば取れる

・液体の酸素系ひょうはく剤は漂泊力・除菌力が弱いので、必ず粉の方を使う

・真っ白でエンソサラシ×になっていないものならば塩素系漂白剤で漂白し

 ても構いません

・必ず取り扱い注意をよく読んでしたがう

④きれいにすすいで脱水します

⑤すぐに干す

真っ白なタオルの場合はコレ!

・取り扱い絵表示に『エンソサラシ』表示がある場合は、塩素系漂白剤(えん

 そけいひょうはくざい)を使いましょう この時、85℃以上の熱湯は使わな
 い

・非常に強力な漂白、殺菌力があるため

 漂白剤のちがい・使い分けをしましょう

塩素系漂白剤(えんそけいひょうはくざい)とは

・代表的なものハイターやブリーチなど

・白物専用で下着などに適している

・色がら物に使用すると色落ちや変色を起こす

・プールの消毒薬みたいなにおい

・家庭用で一般に売っている物はほとんどが液体タイプ

・細菌やカビに効果あり

酸素系漂白剤(さんそけいひょうはくざい)とは

・代表的なものは、ワイドハイターやブライトなど

・形状は液体タイプと粉末タイプが家庭用で売っている

・塩素系ひょはく剤のようなキツイ臭いはない

・塩素系ひょはくざいよりも効果は弱め

・どちらも白物にも色がら物に使用可能

・細菌やカビに対する殺菌力はあるが塩素系より弱い

どうしても赤カビが取れない場合は『鍋で煮洗い』

①洗たく用せっけんと粉末の酸素系漂白剤洗剤(さんそけい‼使う)と洗たく

 物をステンレスかホーローのナベに入れて火に掛ける
 
②ふっとうしたら吹きこぼれないように火を弱めて、20分くらいぐつぐつ
 煮る

③火を止めて、フタをしたままで冷めるまで放っておく

④ザブザブと手洗いしてから、よくすすぎ干す

注意

煮洗いに塩素系漂白剤は使えません!湯が85℃以上で塩素ガスを出し危険

まとめ

タオルはぬれたままの状態が続くと、菌が増えやすくなりますピンクの色素を

出す酵母菌(こうぼきん)がふえたことでピンク色になったと考えられます。 防

止策は、タオルを使ったあとは風通しのよい場所で広げて干してからカゴに入

れましょう。汚れはすぐに洗濯し、ぬれた状態は長時間おかずにすぐに干して

乾かしましょう。タオルが赤カビでピンクになったら1度せんたくをして粉の

酸素系漂白剤(さんそけいひょうはくざい)を湯に溶かしてひょうはくして対処

してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。