狂犬病ワクチンの値段と期間・犬を集団接種に連れて行った。


住んでいる市から、ハガキが届いたので

今年も狂犬病のワクチン接種するために、

保健所へ行ってきました。

狂犬病ワクチンの値段は?

またワクチン接種できる期間について。

狂犬病のワクチンを打ったら、

どんな物がもらえた?

ワンちゃんが沢山来ていたので

その様子も、紹介します。

スポンサーリンク

狂犬病って犬だけの病気って思ってましたが、

実は、人間にも感染する病気です。

犬が感染した時は、初期の症状は元気がない。不安がるなどで

まさか狂犬病になったとは気が付かないですよね。

私の場合には、色々副作用もあることを聞いているが

受けようと判断して、市からのハガキにある日程で、

狂犬病ワクチンを受けに行きました。

ハガキは、狂犬病予防集合注射のお知らせと書いてあるハガキ。

狂犬病ワクチンの値段

市からの、お知らせハガキには3.250円とあって内訳には、

狂犬病注射料金 2.700円

狂犬病予防注射済票交付手数料 550円

このようになっています。

市によって若干の差はあるようですが、50~100円程度です。

また、ワンちゃんを飼い始めたばかりも場合には

登録手数料(鑑札)が3000円代が初回のみ必要です。

狂犬病ワクチンの期間

今回4/2~4/14と期間があった。

また大体4月~6月が狂犬病ワクチンのシーズンですが、

もし、この時期以外で狂犬病の予防接種の必要があれば

お近くの動物病院で接種できますので、

問い合わせをしてみたらいいですよ。

集団のワクチン接種と違って、他の予防接種も

おすすめしてくれますので、獣医さんに相談すると

良いです。

狂犬病ワクチン、犬を連れて行ってきました

市からのハガキによると場所は、大きな公園で行われたり、

前回は市役所の玄関横で行われていました。

今回は、行こう行こうと思いながら…

とうとう最終日となってしまった…。

この日を逃してしまったら、

かかりつけの動物病院へ行かなければならない。

いつも行く動物病院は、すごく人気があって待ち時間があります。

ちょっと面倒だと思っていたので、

市が行っているこの期間に行く方が早いと思い

犬を連れていきました~。

狂犬病ワクチン犬を連れて保健所へ

雨が降っていましたが、

カッパを着たワンちゃんが散歩したついでに来ています。

また、我が家のように車でワンちゃんを抱えてくる人も続々とやってきます。

車から降りると、我が家のワンコは散歩と勘違いして

大興奮♪

他のワンちゃんも同様に、

楽しそうにシッポがぶんぶんと揺られています。

保健所の駐車所と思われる、屋根のある広い場所で

受付と書いてある所へ行ってみます。

すでに、隣のワクチンを接種する場所では1組が狂犬病ワクチンを打っています。

スポンサーリンク

その後ろでは、1組が待っています。

横目でそれを見ながら、私は受付を済まします。

自宅に届いたハガキを見せて下さいと、言われました。

ハガキを渡すと、手続きが完了。

すぐに隣に行くように促されると、

白衣を着た獣医師と女性(保健師さんかな?)が

注射器を持参して待っています。

背中に打ちますよと言われ、ワンコの服をめくります。

何も分からない我が家の犬は、獣医師と介助の女性が触るとブルブルと緊張しています。

そして一気にプシューっと注射されますが、あっという間に終了

本日は、安静にして激しい運動をしないで下さい

しばらく具合が悪くないか確認して下さいね。と言ってました。

終了したら、袋に一式入ったものがもらえます。

狂犬病ワクチン犬の集団接種した後に、もらえるもの

・狂犬病予防注射済証兼領収書のハガキ

これは、自宅に送られてきたハガキの一部に獣医師がハンコをついています。

登録番号も記載されています。

・注射済ステッカー

これは、カワイイステッカーシールとなっていて ワンちゃんの顔が

大きなイラストとなっていて2019年 予防接種済と書いてあります。

自宅の玄関に貼っておきます。

・注射済票

これは、狂犬病予防注射を接種した証として首輪につける札で、

我が市ではハート型となっています。毎年色が変わっていて今年はイエロー。

ドッグランや宿泊施設などでは、この済票や鑑札が必須のところが多くあって

良くいく店では、これがないと入れません。

ですから、狂犬病ワクチンの副作用も気になるところですが

私の場合には、1回狂犬病ワクチンに問題がなかったので

毎年受けています。

副作用については、しっかりと飼い主で理解して

狂犬病予防接種を受けるかどうか考えましょう。

ワンちゃんの飼い主として気になる記事はコチラ

犬と非難する為にクレートに入れる訓練をしておいた方がいいですよ。

いざって時にワンちゃんと離れて生活するのは飼い主として辛いし

犬もストレスになってしまいます。時々訓練するだけで随分と違いますよ。
     ↓↓
犬と避難時のために、今からクレートやキャリーに入れる訓練

地震に備えてワンちゃんの避難準備は出来ていますか?

突然の緊急事態の時、荷物を準備しておけば安心!!
     ↓↓
地震で避難・持ち物は?最低限のペット犬と自分の用意リスト

まとめ

・狂犬病ワクチンの値段は市によって違いがあるが3.250円であった。
・狂犬病ワクチンの期間は、集団接種の場合約2週間で行っていた。
・狂犬病ワクチンは集団を逃しても、獣医師で行える。
・狂犬病予防注射済証兼領収書のハガキ、注射済票、注射済ステッカーが交付される。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。