喉が痛いときに!風邪のひきはじめ薬を使う前に食べてみて!

1年じゅう風邪はひきます

のどが痛い時は、たいてい

夜だったり休日で病院も開いていない時間…

のどで何がおきているの?

病院に行きたいけど何かないかな?

受診するまで「のど」の痛みを

少しでも和らげる食べ物や飲み物

また「のど」で何がおきているのかを紹介します

スポンサーリンク
  

喉が痛い風邪!何がおきているの?

喉(のど)の役割

のどには細菌やウイルスなどの異物から空気の通り道を守る働きがあります。

鼻の穴から肺までの空気の通り道(気道)の内側に粘膜と線毛(せんもう)があり

ます。この線毛は細かい「じゅうたん」のようなものでウイルスなどが来る

と水分をもった粘膜でとらえ、追い返そうと動いて口へ送り返し肺を守る役

割がある

のどの炎症

空気や食べ物の通り道であるのどは、空気が直接入ってくるので菌から守る機

能がある。普段は抵抗力があってのどに菌やウイルスがついても問題ないが、

抵抗力が弱まっていると、のどに付いたウイルスが増えようとします。体はこ

ウイルスから守ろうと戦い炎症は起こります。炎症が起きているところは、

赤くなり、熱を持ち、腫れ上がり、痛みを感じるようになる。

のどが潤っていると、のどの粘膜がウイルスの侵入を防いでくれるが、のどが

乾燥しているとウイルスが付きやすなり、炎症もすすみやすくなる

喉が痛い?ひきはじめの症状

風邪(かぜ)とは

風邪(かぜ)は正式には「風邪(かぜ)症候群」といって、上気道(鼻やのど)

の急性炎症のこと。風邪(かぜ)は上気道(鼻やのど)に80~90%がウイ

ルス感染。粘膜から感染して炎症を起こすため、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、

のどの痛み、咳、たん、発熱といった症状が起こる。風邪ウイルスの数は200

種類以上といわれており、特定することは難しい。同じウイルスでも、それが

年々変化するため、一度感染したウイルスに免疫ができたとしても、次々に新

しいウイルスに感染して繰り返し風邪(かぜ)をひく

風邪のひきはじめは

①ウイルスが喉についた時に体から追い出そうと鼻水や、くしゃみ、痰が出る

②ウイルスと体が戦い始めるとのどが赤くなり腫れや熱く感じたり痛みとなり

(これらが炎症)となり現れる

喉が痛い!薬を使うまえにできること食べ物にはコレ

乾いた空気は、炎症している喉に刺激となるので空気を整えましょう。加湿

ることで喉の線毛が動き、増えているウイルスをどんどん体の外に出そうと働き

ます。また線毛は水分がないと動きにくく、本来の力が発揮できません。

マスク

のどを保湿する役割としてマスクを使う。自分自身の吐いた息によって空気

を保湿する

加湿

・部屋の空気を加湿するため、加湿器の使用

・なければ部屋にしぼったタオルを干す(これだけでも部屋の湿度は上がる)

・風呂場のドアを開けて蒸気により湿度を上げる

スポンサーリンク

のどを温める

・のどはウイルスと戦っている時なので保温して応援してあげましょう。喉の

 痛みを和らげるます。タオルやネックウォーマーを使う

うがい

うがいによりウイルスと戦っている線毛を潤して動きを活発にして助けましょう

※のどに刺激ないように必ず常温で、回数を多くしましょう

・お茶でうがい

 緑茶に含まれるビタミンCは、風邪を予防するために役立つ成分です。粘膜の

 健康を維持し炎症を抑える役割があり、のどの痛みを軽減する

・酢水でうがい(酢の殺菌作用)

 コップ1杯の水に酢をスプーン1杯ぐらい

・塩水でうがい(塩の殺菌作用)

 コップ1杯の水に塩を一つまみ程度

 私はのどが強烈に痛いときに痛みが和らぎました

のどの痛みを和らげる食べ物や飲み物

大根ハチミツ

・大根には消炎作用があり、喉の腫れを和らげてくれます。特に汁にその効果

 があり、おろし汁を飲むと咳もスッと治まってくれます。そんな汁を飲むの

 も良いんですが、さらにオススメなのが大根のハチミツ漬けです。これをお

 湯や紅茶で割って飲むとかなり効きます

生姜(しょうが)

・咳の痛みを鎮め、体も温まり血行が良くなります。生姜のショウガオールが

 血行をよくすると言われている。紅茶にショウガのすりおろしを少量いれま
 しょう

はちみつ

喉の炎症を抑制効果を持ちます。ビタミンが豊富に含まれている。直接なめて

もいい。飲み物や料理にも使いましょう

ねぎ

・長ネギの香り成分である「アリシン」に殺菌効果。空気中に飛ぶ成分が皮膚

 や鼻から吸収され、炎症を抑えてくれます

ネギみそスープ

・きざんだネギ・大さじ1
・みそ・・・・・大さじ1(だし入りが良い)
・かつお節・・・・・1/2パック

 これらをカップで混ぜるだけ

玉ねぎ

・玉ねぎをむくと、涙がでます。この成分は硫化アリルと言う。殺菌

 作用と炎症を抑える作用があり、喉の痛みに効果を発揮してくれま

 す。硫化アリルは水にさらしてしまうと水に溶けるので、水にさら

 さずに生で食べるのが一番効果的

・食べなくても寝るとき枕元にスライス玉ねぎを置くと硫化アリル

 が空気中に飛ぶので、それを吸うことでも喉の粘膜の炎症を抑え

 殺菌してくれる効果が得られます

キンカン

みかんの皮にもある「リモネン」という、のどに良い成分がある。キンカンは実
を皮ごと食べましょう

マシュマロ

ゼラチンがのど粘膜をおおって痛みが和らぐ

トローチ

のどの炎症を抑える成分配合でのど粘膜を保護するトローチも有効

多種類市販されているので好きな味で、のどをうるおしましょう

水分の必要性

※しっかりと水分を取ることで線毛はよく働き、痰をつくりウイル

スを出そうとします。また痰は水分がないと粘っこくなり出にくい。

痰を出すためにも水分はこまめに取りましょう

※1番大切なのは

安静・栄養・睡眠です。体を休めて睡眠をしっかり取ることで体力

の回復。栄養をしっかりとり抵抗する力をつける

※できるだけ早めに受診し、医師の診察を受けましょう。長引けば

悪化して回復にも時間がかかります。次回のためにも、のど飴(あめ)

など準備しておきましょう

まとめ

こまめに常温でうがいをして喉を潤す(うるおす)

へやはは加湿器や濡れタオルで保湿する

マスクを着用

ネックウォーマーで温める

のどの痛みを和らげる食べ物や飲み物

安静にして体力の回復をうながす

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。