看護学生のバイタルサイン報告と例。コツを知れば簡単でラク♪

看護学生で実習の報告をする時・・・

怖いって言うのが正直な気持ち。

出来るだけ、したくないなぁ~って思いますよね。

だけど報告すれば沈黙とか返事がなかったり、

一体どんな風に報告すればいいのか、何て報告すればいいの~?!

報告の仕方って分からない看護学生は多いはず。

だって私も、同じ経験をしてきたから(笑)

今回、昔私が経験した体験を元に、

実習先でどんな報告をすれば良いかコツと、

看護学生のバイタルサイン・報告例を紹介します。

スポンサーリンク

看護学生 バイタルサイン 報告

とにかく、指導者の看護師を見つけて報告するタイミングって

ほんと難しい!!だって患者さんの部屋に入ったら出てこないし、

廊下で見つけたら走って行ってしまう・・・。

こんな事じゃ、いつまで経っても実習できない~!ってなりますよね。

看護学生バイタルサイン報告のタイミングは?ダメな時は?

もう指導者看護師を待ち伏せして捕まえるしかありません!

もしくは、詰め所に入ったらすぐに声をかける!

パソコンに向かう時や、立ち止まった時・・・

とにかく へばりついて 今がダメかもと思っても『今よろしいですか?』

または、『報告あるので後でお願いします』とか言わないと実習は進みません。

頑張って報告のタイミングをつかみましょう。

一番ダメなのは指導者の看護師が患者さんや医師と話していたりケアしている時です。

そこだけは注意しましょう。

看護学生バイタルサイン報告のコツは?

よくあるのが、報告だけしたらOKと思っていたらいけませんか?

これは良くないでしょう。するどい突込みが待っています(笑)

だったらどーするの?

指導している看護師は報告を聞いたあと、

報告の結果、どんなことが今後予測できますか?どんな危険性が考えられますか?

指導者は常に『だからどうなの?』ってことを考えます。

例えば、このデータから本日は問題ないと思うので、『引き続き経過観察』をしますとか。

こういう事が考えられるので、『観察に注意していきます』って返事がいいですね。

でも

ここで指導者は『どこに注意して観察するの?』と、質問があるはず。

ここがコツです!!

患者さんが、どんな状態で(解熱・オペ後・慢性期・急性期)など、

今後はこんな風に治癒していくはずであろう、

こんな合併症があるだろう等を把握しておくことが大切です。

ここで分かりますよね?

超・超・超~!面倒だった事前学習が役立つ時がきたのです!!

実習に行く前からブルーになっていた事前学習・・・

疾患にかかわる本をコピーコピーしたあの日々。

ここで用意していた知識を指導者の質問に答えましょう。

もちろん毎日の記録にも使いましょうね。

ほんと看護実習って面倒だな~って思うこと沢山あります。

手書きじゃないとダメって言われ、しぶしぶ書いた記録・・・。

看護実習って、こんなアナログ的なこと誰もしてないよって事、

実技や記録でも、まだまだあります(笑)

でも、看護師免許をとる為に必要なんだから頑張って!!

ファイト—–!

私の看護実習記録はこうやって乗り切りました(笑)宜しければどうぞ。
        ↓ ↓ ↓
看護実習きついよね。記録を3時間で書く方法と対策

スポンサーリンク

看護学生バイタルサインの報告は何から?

まず熱・脈・血圧・SPO2の順番に伝えましょう。

そして、患者さんの発言なども伝えていきましょう。

ここで上記のコツ!看護学生バイタルサインのコツを使います。

学生側としては、『〇〇だから~こうなっています』と報告した後は、

今後こんなことや、あんなことが考えられるので、

ここに注目して観察をして行きますってことが大切になってきます。

看護学生バイタルサイン例

では、看護学生のバイタルサイン報告例の紹介です。

疾患にもよりますが、あくまでも例です。

本日 〇〇さん 何時のバイタルサインは、

『熱は36.5度 脈は66回 血圧は124/60 SPO2は94%でした。

いつもよりSPO2 が低いので深呼吸をしてもらうと98%まで上がりました。

〇〇さんから、さっきまでトイレに行って動いていたと聞いたので、

また30分後に測定しに行こうと思います』

こんな報告例が良いでしょう。

疾患によって今後の観察ポイントは変わっていきますが、

この〇〇さんが、肺の疾患で入院していた場合には今後

呼吸状態や咳嗽、痰の性状、熱の変化や倦怠感など

どんどん観察ポイントは増えます。

看護実習で受け持ち患者の関連図って使いますよね?

この関連図を作成していると結構、予測できるので

是非活用していくといいです。

指導者としても 看護学生が、どこを分かってケアしていくのか

一番知りたいと思います。毎日毎日が大変な看護学生ですが、

この先には必ず輝かしい未来が待っていますので、看護学実習を成功させ、

次のステップへ踏み出しましょう!あと一息ですよ~♪

私の看護学校の経験を紹介しています。
   ↓ ↓ ↓
看護学校まとめ

まとめ

看護学生のバイタルサイン報告例を参考に、受け持ち患者さんに当てはめて下さい。
こんな質問がくるかな?って予測できれば完璧です!

ちなみに私の実習ではコレが役立ちました。
 ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。