雨の日アレルギーで鼻炎が悪化?対処方法や食べ物を紹介!

雨の日になるとアレルギー症状が

ひどくなります!なぜ?

くしゃみ、鼻水などがツラく...

一般的には雨の日は花粉があまり

飛ばずに症状がラクという方が多い

と聞くのに鼻炎が悪化して

何が原因なのか‥

何か特別なアレルギーとかなの?

考えられる原因や

対策方法。

また鼻水が止まらない!

鼻が詰まった時の対処法を

お伝えします。

スポンサーリンク
  

雨の日にアレルギー?鼻炎の悪化に考えられる原因

原因❶

・雨が降ると、湿度が高くなります。湿度が高く気温が高くなるとカビが増え

 て胞子が飛ぶ。胞子が鼻の粘膜につき刺激して粘膜が腫れて空気の通り道は

 狭くなる。カビ菌に刺激されることで鼻水が増える

・雨が降り風が吹くことで家の中に空気が逆流した際に部屋の中でホコリが舞

 うことで胞子が飛び鼻から吸い込む

原因❷

・雨の日は前線の気圧による影響で、気圧が下がることで、体内のヒスタミン

 が増します。ヒスタミンが増えることで、もともとあるアレルギー性の鼻炎

 症状が悪化すると思われる

ヒスタミンとは体の中にアレルギ―の元が入って来たときに身体を守ろうと

 働いてくれる免疫機能。ヒスタミンがアレルギ―の元を排出させようとした

 結果、鼻の粘膜が腫れたり鼻水を出す、目のかゆみなどのアレルギー反応を

 起こす原因になる

原因❸

・寒暖差アレルギー。気温の急な変化が刺激となり、自律神経が乱れることで

 アレルギー性の鼻炎症状が出ると思われる

 

雨の日アレルギーなの?鼻炎症状への対処

《カビ対策》

 

カビなどのアレルギーを悪化させないためには部屋の掃除が最も重要

・カビの原因は湿度・温度・栄養この3つが重なると増えます。部屋の湿度を

 下げるため除湿器の使用や、栄養を断つために掃除します。部屋の床にあ

 るホコリはカビが増えるのでマメに掃除。温度も高温にならないよう調整

・エアコンにカビが生えていませんか?綺麗に掃除しましょう

・加湿器にカビ生えていないかチェックする

・寝具を干すか布団乾燥機を使用して乾燥させ、布団に掃除機を掛ける

・カーテンもホコリがたくさん吸着しているので洗濯

・じゅうたん・カーペットは入念に掃除機を掛ける

・マスクをしてカビの胞子を吸い込まない

《ヒスタミン対策》

・ヒスタミンを抑える食事や飲み物を積極的に食べなしょう

《寒暖差対策》

・衣類を調整することで温度差をなくす

スポンサーリンク

・下半身の冷えは自律神経が崩れやすいため冷やさない

・アルコールの飲み過ぎやタバコは、症状を悪化させてしまうので控える

・マスクをして温度差のある空気を吸い込まないようにする

 鼻水が出る!鼻が詰まった!こんな時

・鼻づまりを解消する迎香(げいこう)というツボを押す。迎香のツボは小鼻

 のすぐわきの、少しへこんだところに指先を押し付けて、回転させるよう

 にマッサージする

蒸しタオルなどで鼻を温める。電子レンジで濡らしたタオルを温めて鼻全

 体を覆う

熱い風呂に入り、蒸気により鼻の通りを良くする

ハッカやユーカリオイルをマスクに少量つける

・ハッカやユーカリオイルティッシュで濡らしたものを枕元に置いておく

呼吸法
 鼻から息を吸い、鼻をつまんだままアゴを胸につけるように下に向け、

 5~10秒間、お腹に力を入れる。アゴを上げ、鼻から息を吐いて吸う。

 この動作を繰り返すことで交感神経を優位にする

 (胸の中の圧を高めることで交感神経を優位にして鼻のつまりが解消する)

大根をすりおろしの汁を、テッシュやコットンなどに浸して鼻に詰める。

 おろし汁に含まれる成分が鼻の粘膜の炎症を和らげ、鼻づまりを解消

雨の日にアレルギーなの?鼻に良い食べ物

ヒスタミンは、アレルギ―の元を排出させようとした結果、鼻の粘膜が腫れ

 たり鼻水を出す、目のかゆみなどのアレルギー反応を起こす原因になるため

 、ヒスタミンが多い食べ物をとらないようにしましょう

ヒスタミンが良い多い食品

・パルメザンチーズ・チョコレート

・コーヒー・ココア・ワイン・ビール

・ほうれん草・ナス・サトイモ・タケノコ・トマト

・アンチョビ・イカいわし・サバ・サケ・マグロ・サケ・タラ・サンマ・魚の
 缶詰

・アサリ・カニ・エビ・たこ

・サラミ・豚肉

・そば・卵白・もち

鼻の粘膜が弱っていると、普段は何もないがちょっとした刺激にも反応してし
 まうため粘膜を強くする

ねぎ

ねぎに含まれるネギオールには抗炎症作用があり、鼻の炎症を抑えて鼻水の分泌
を防いでくれる

にら
殺菌作用や抗炎症作用もあると言われていることから、ウイルスや細菌を除去し、

炎症を鎮める効果が期待できると言われている

玉ねぎ

生のたまねぎを擦ったものをガーゼに包んで鼻にあてたり、半分にカットしたも
のを枕元に置いておくとよい

まとめ

雨の日になるとアレルギー症状がひどくなる原因としてカビ・気圧・寒暖差が考

えられる。対策としてカビには掃除が基本で気温・湿度の調整を行う。気圧によ

るヒスタミンの増加には、ヒスタミンを多く含む食品を避ける。寒暖差には保温

し自律神経を整えることが必要。鼻水が止まらない、鼻が詰まったときの食べ物

はネギ・にら・玉ねぎが良い

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。