墓参りの花でしきみ?しきび?意味は?榊とちがうの?

しきみ・しきび(樒)って何?

関西だけなの?

葬儀場の入り口にも

縦に長いしきみが

飾ってある

そんなしきみ・しきび(樒)を

簡単に歴史から紹介

スポンサーリンク
  

墓参りの花でしきみ

しきみ・しきび(樒)とは

・仏前に捧げられるもくれん科の常緑樹

・しきみ・しきびは、その枝や樹皮からは独特な香りを放つ

・実や花には有毒物が含まれています

・黄色のパサパサした花をつける

・仏前やお墓・葬儀などに供える植物として一般的なものの1つ

・樹皮や葉からは線香や抹香を作る

・起源としては、弘法大師が青蓮華(しょうれんげ)の葉に似ていることから
 代用したという説が有力

大阪だけでなく奈良県・兵庫県・京都府・和歌山県・三重県(一部を除く)・

滋賀県・愛知県・でも一般的なようですが、他の地域では花輪がほとんどの
よう。
お墓に「しきみ・しきび」を供える習慣は西日本各地で残っています

仏前草と、香の木(こうのき)

樒は昔から仏教との関わりが深い植物で香りが強いため、香を焚くときと同

じとして扱われ、香の木(こうのき)と呼ばれています。しきびは、「しき

み」の香りが邪気を払うとの理由から亡くなった方の近くやお墓に供えから

別名を仏壇にもよく飾られ仏前草(ぶつぜんそう)とも呼ばれています。昔は

火葬場もなくドライアイスの無い時代。土葬の風習だった事から、ケモノが

お墓を掘り起こしたりしないように遺体へ、シキビを敷き詰め埋葬され、さ

らに土葬の後、遺体の腐敗臭を消すためにしきびを燃やしました。このこと

からお葬式や墓参り等の必需品になったのではないかと思います。現在では

西日本の多くの地域では葬式では「しきみ・しきび」を花の代わりとして使

用。墓や位牌の前に水と一緒に供え、特に埋葬や納骨のときには一本花とい

って、49日間は後飾りに一本の樒を供える習慣もある。葬式に贈る供花であ
り、関西地方では主流となっている。

お葬式の式場玄関

お葬式の会場などの入り口に、関東では花輪を供えていますが関西ではしき

み・しきびの葉だけで作られている縦に長く作られた飾りもので、白い布が

スポンサーリンク

掛けられておりよく見かけます。葬儀を公共会館で行う時には使用規約の中

に、表飾りを禁止するというところが多いという事情から、このように縦長

の飾りが出来たわけです。

墓参りの花と意味

墓参りの花を、どうして活けるの?

・故人がお浄土へ行くための道を花で飾ることで、故人の足元が少しでも軽や
 かになりお浄土までの道のりを歩くことがラクになる

・故人が好きだった花を供えることで、故人の苦しみを少しでも和らげてあげ
 る
・花の姿は、厳しい修行に耐え忍ぶ仏教の考えと重なる部分があり、修行に耐

 え、精進する事を誓うものとして花を供えるとされている

供えた花の扱い

・お花を供える=(生の象徴)お花が枯れないうちにまた参りますの意味があり
 ます前回のは必ず処分してください。

・お墓参りの時は、前回供えたお花を捨て花立てを洗い、お花、お供物、線香を

 あげる。ぞうきんで墓石を拭くとか、周りを掃くとかしてから、故人を思い合

 掌。
・造花は絶対に駄目です。造花は死に花です。枯れない花を供えるということは、

 お参りに来ない来る気がない意になります。ご先祖様に対して失礼に当たって
 しまうので

・お花を買ってお参りに行ってみて下さい。お墓参りで虫に刺されませんか?そ

 んなときの対策に↓

 墓参りに虫刺されブヨかも?虫除け対策や噛まれた時の対処法
https://atsycoco.com/484.html

墓参りの花・榊との違い

榊(さかき)の漢字には神の字があります。この字が示す通り、神社でお祓い

の時に神主さんが手に持って振る木、あれが榊(さかき)です。榊は神事に用

いられる木です。、榊(さかき)はツバキ科で、『サカキの葉は先端がとが

っているので、神様が降りるヨリシロにふさわしい』との理由で古くから神

事に用いられています。しきみ・しきびは、花と一緒にお墓に供えられます

神式の墓参り方法

神式の墓参法は地方によって大きく違い「神式」のお墓参りの際は、さかきは

絶対不可欠です。線香や供物をささげる前に、さかきを立てて拝みます。「さ

かき」も「しきみ」しきみと同じく常緑樹の葉っぱです。そしてこの、『しき

みは仏教』、『さかきは神事』に使うもの。

まとめ

昔土葬の風習だった事から、ケモノがお墓を掘り起こしたりしないように、遺

体へ、しきみ・しきびを敷き詰め埋葬していた。このことから、お葬式や墓参

り等の必需品になった。またしきみと榊のちがいは『しきみは仏教』、『さか

きは神事』に使う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。