蚊に刺された!メスは何回も刺すの?一生は短い?寿命は?

蚊一匹って何回くらい刺すの?

夜の間に何回も吸われた…

いったいどんな風に?

全部で何ミリぐらいを吸える?

しかも1匹?

蚊の寿命ってどのくらいで

何日ぐらい生きるのか

メスの蚊の交尾は一生に一度!

精子を袋に蓄える?から

人間の血を吸う?!

これらの疑問を紹介しています!

スポンサーリンク
  

蚊に刺された。メスは何回も刺す?

蚊は血を吸うことで生きているのではなくメスだけが血を吸います。また蚊の

オス・メス共に普段食べたり吸うものは、花の蜜(みつ)や植物の樹液等です。

メスの蚊は血を吸うことや卵を産むというのは、一生の間で最も重要で卵を産

むには血を吸わなくてはなりません。血を胃の中に収めたメスの蚊は、早速卵

巣を発達させて数日以内に水面に卵を産む。その数1回に300個も!産み終わ

ると、すぐに血を求めてさまよい出し、産後の蚊の吸血はかなり強い。オスは

卵を産まないから血は吸いません。交尾を済ませると死にます。健康な蚊のメ

スは常に血を求めていると思われがちですが、夏の気温だと、大体2、3日に

一回。血を吸う時間は1、2分。満腹の蚊は少し飛んでは休んでという感じに

なる。

蚊に刺されると、なんでかゆい?

蚊に刺されるとかゆみを生じます。これは、吸血の際、抗凝血作用物質(血が

凝固することを防止するためのもの)を含んだ唾液を注入され、この唾液によ

ってアレルギー反応を起こすため

蚊による虫刺され?刺されても感じない

蚊の口の針は平均すると約2ミリほどの長さで、人間の皮膚にはその半分から

3分の2、つまり1~1.5ミリを挿入していることになる。口の針は1本に見え

るが、上唇(じょうしん)・下唇(かしん)・咽頭(いんとう)・大顎(お

おあご)と小顎(こあご)が2本ずつ、計7本で成り立っている。それらを使

い血を吸っている。皮膚に入り込むには、この薄いノコギリで少しずつ切り

裂いている。ノコギリ状のギザギザの先しか皮膚に触れないので、抵抗が小

さくなりスッと刺さりやすいため痛みがない。さらに、この3本が連動し動く

ことで、痛みをやわらげている。

どのくらいの血を吸う?1匹で何回も刺せる

血を吸うのはメスが、卵を産むための栄養分を補給する時に、だいたい2mgぐ

らいを吸う。しかし普通は人間が動いたり、叩いたりして一度に目一杯吸うこ

とができない。 そのため、何回も血を吸っては逃げ、吸っては逃げてを繰り返

スポンサーリンク

し、1mgぐらい吸ったところで満腹になる。血が1mgになるまでは1匹が4~5

回は吸っている。だから人間が夜に、ねている間に蚊1匹に何か所も虫刺され

起きいるのです。蚊は、これだけの血を吸うと産卵に向かい、また4日ほどする

と再び血を吸うようになる。

蚊に刺された!一生は短いの?

蚊の一生

→人間の血を吸ったメスの蚊は、卵巣を発達させ4~5日後に水面に産み付

  けられる。溝・河岸や海岸の岩のくぼみにたまった水・水田・空缶など

  に卵を産む

幼虫→卵は2~5日で幼虫(ボウフラ)となります。(ボウフラ)は7~10日

   間で、4回脱皮をくり返して蛹(オニボウフラ)となる

成虫→さなぎ(オニボウフラ)から、3日ほどで成虫になり、普段は植物の蜜

   や果物の汁などの糖分を吸うが、メスは産卵のため血を吸うが、オスは

   血を吸わない

メスの蚊の交尾は一生に一度!精子を袋に蓄える?

メスの蚊はサナギから成虫になると2~4日で卵ができるようになる。そして

メスの蚊は、オスの蚊と交尾をする。メスの蚊の交尾は一生に一度で、交尾で

得た精子を袋に蓄えておきます。交尾後、メスは卵を育てるために血を求めて

飛びます。卵は血を吸ったメスの体の中で成長し産み落とされます。メスの産

卵途中で精子が入った袋の近くを卵が通る時に、精子が卵子に入り受精卵にな

り体の外へ出る。卵を産んだ後も生きているメスは、また血を吸って卵を育て

る。そして、その成熟した卵を再度産み出す時にも先の交尾で精子を袋に蓄え

たもので受精させます。また、交尾し精子を蓄えたメス蚊はもう二度と交尾を

しません。それどころか、オスが近くに寄ってくることさえ嫌う。蚊は一度の

交尾で数度(1~4回)の産卵ができる。

蚊に刺される。寿命はどのくらい?

蚊の寿命は、夏の頃だと、2~3週間位。その間にうまいこと人や動物に出会

えれば、2、3日おきに3、4度血を吸ってその度に卵を産む。途中で天敵に

やられたりするのが結構多い。長寿なのが、秋に産みつけられた卵からかえっ

たアカイエカのメスの成虫で、そのまま冬を越して、半年先の春に一度だけ血

を吸って卵を産んで死ぬ。この半年というのが日本の平地での蚊の寿命として

は長い方の記録となる。

冬はどう過ごしてるの?

秋になり寒くなってくると、ヤブカ類は絶命する。イエカ類のオスは絶命するが

、メスは越冬します。越冬場所は、石垣や地中の穴、雨戸入れなどです。チカイ

エカは地下街などを年中飛んでいるので、寒い時期も関係ない

まとめ

蚊は、メスだけが血を吸う。血を1mgぐらい吸ったところで満腹になる。メ

スの蚊の交尾は一生に一度だけ。精子を袋に蓄え栄養手補給のために血を吸

う。蚊の寿命は、夏の頃だと、2~3週間位。蚊による虫さされは生態をし

れば理解できるものでした!蚊に似ているブヨについての対策は、墓参りに

虫刺されブヨかも?虫除け対策や噛まれた時の対処法にて紹介しています

墓参りに虫刺されブヨかも?虫除け対策や噛まれた時の対処法https://atsycoco.com/484.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。