フランスゴムの木葉っぱが落ちる枯れた?水やりと肥料は?

フランスゴムの木の葉っぱが

ポロリポロリと落ちる。

丈夫で育てやすいと聞いたけど…

枯れたのかな?

水不足?

葉っぱが落ちる原因や

水やりのタイミング

弱っているときに、してはいけないこと‼

などを説明しています。

スポンサーリンク
  

フランスゴムの木葉っぱが落ちる枯れた?

枯れた?と考える前に‼

水やりはどんな頻度で行っていましたか?

水のかけ方ですが、土が乾いたら底から流れ出るくらいにたっぷりかけていま

したか?受け皿の水は捨てていますか?水やりの頻度は普通であっても、フラ

ンスゴムの木の土そのものが水はけが良過ぎる場合も、水やりは回数が多くな

るので根がくさる可能性があります

根詰まり(ねずまり)しているかも?

鉢の形に根が回っているようでしたら、根詰まりかも知れません。根が伸びて

植木鉢の中でギュウギュウになっていると、水をかけても水が一方方向しか通

過しないという現象おきて、水が浸み込んでいきません。また、根詰りにより

根が正しく水を吸水できていない。

根腐れ(ねぐされ)しているかも?

根詰まりが進行すると根腐れおこす。根が発育せずスポンと根の周りだけ抜け

てしまう。根が黒くなり葉は水をやっていてもグッタリし、茶色く変色して徐

々に枯れてポロリと落ちてしまいます。 根がパンパンに詰まっているようなら

根鉢(ねばち)を一回り刈り込んで、 新しい培養土を足して 植え替える植え替え

が必要

根鉢とは:
鉢植えの株を鉢から抜き出したときの根のこと

植え替えをしましたか?

枝葉が繁っている時に植え替えをした場合、一時的な根の環境変化で樹全体に

水が行き渡りにくくなる場合があります。もしかするとそのショックで一部の

枝や葉が枯れて落ちているのかもしれません。

フランスゴムの木に実にイチジク様の実が…ビックリしますね。
花言葉があるので贈答にも良いですよ↓↓
フランスゴムの木の実や花はイチジクなのか?花言葉は何。

フランスゴムの木を置いている場所を変えましたか?

急激に日の照る時間が変化すると、「葉が枯れてしまう」または「葉が落ちる」

恐れがあります!それは環境にあった葉に変わろうとする為なのです。もし、

置き場所を変えるときは様子を見て徐々に光の量を変えてあげるようにする。

日光が不足していると、葉っぱがポロリポロリと落ちたり葉の色が悪くなった

り、細くヒョロヒョロとした印象の形に成長します

新芽があれば

株のパワーが残っていれば、葉が落ちたすぐ上のところから新芽が出てくる可

能性はありますので、土が乾いたらたっぷり水をあげる。いつもの場所に置い

スポンサーリンク

て、今は様子を見るしかないでしょう。何か動きに変化があれば、メネディー

ルなどの活性剤を薄くかけてあげるのも良い。

フランスゴムの木からヒゲ状のものが出ていませんか?
その対処法など紹介しています↓↓
フランスゴムの木の気根って枝から根・ひげ?増やし方あるの

フランスゴムの木の葉っぱが落ちる?水やりはどうする?

水をあげるなら

フランスゴムの木を育てるにあたり乾燥気味に管理するのは正解ですが水をあ

げるときは、 水の流せる場所に移動して土の中を洗うような気持ちでザーっと

水をあげましょう。水が切れてからいつもの場所に戻す。葉の裏も表も シャワ

ーして 埃を洗い流してあげる。これをやっておくと ハダニやカイガラムシ予

防になる。

水やりするタイミングは?

少し土を指先で掘ってみて中が乾いている事を確認すると良い。乾き気味で4

・5日経過しても全く問題ありません。葉水(はみず)を行い土がいよいよパサ

ついてきたら、水やりをタップリ行う。鉢皿の水は必ず捨てます。

フランスゴムの木は根も大事だけど葉っぱに水?

植物の水やりというと、土に水をあげて根から水を吸い上げると思うが、葉っ

ぱからも水を吸収する。このため、水やりをするときは土だけでなく、葉っぱ

全体に水がかかるようにすると良い。もともとフランスゴムの木は原産地オー

ストラリアでカラッとした乾燥した温暖な季候で育ち、根よりも葉っぱから水

分を吸収する能力が備わっている。

葉水(はみず)とは

葉に水をかけること。特に植え替え直後の根量が大幅に減った状態の時や、気

温の高い時期などは、葉水(はみず)を与えてやることによって葉っぱからの蒸

発をおさえることができる。 また葉水(はみず)をすることで、病害虫の予防

にもなる

・ほこりや汚れも落とす

 葉水(はみず)をすることで、汚れやほこりも洗い流します。葉水をしたあ

 とに、やわらかい布やティッシュで優しくふき取る。植物の光合成や呼吸の

 妨げになる汚れやほこりをとってあげると、生き生きと育ってくれる。

・光沢ある葉っぱになる

 葉っぱに水を与えると、元気な緑の良い色を保つことにつながる。葉水(は

 みず)は、湿度の高い時期以外に行いましょう。葉水をしたあとは風通しを

 よくして蒸れを防ぐ。

・病害虫予防にもなる

虫が嫌いな筆者は、こんなものを土の上に置いています。
     ↓↓
観葉植物に虫がつかない土や予防方法は?土の上に置いてみて

弱っていると置きに、してはいけないこと‼

根腐れで弱ってきたところで活力剤を与えられたら枯れます。フランスゴムは

環境変化に弱いので、置き場所を変えると落葉します。また、弱っている時に

場所を変えないほうが良いでしょう!

フランスゴムの木、葉っぱが落ちる、肥料

夏の生育期(5月頃~9月)に緩効性肥料を2ヵ月に一回施すか、液体肥料を

12日前後の期間を目安に1回あげるようにする。

まとめ

水のやりすぎや根腐れ、根腐れでも葉っぱは落ちる。乾燥気味で管理すること

や、水やりは葉水で対応。水やりするタイミングはしっかりと土が乾燥するこ

とを確認してタップリと行う

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。